編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

決算サプライズ銘柄リストと、ソニーの下方修正についてコメント

ZDNet Japan Staff

2014-05-02 12:08

 1日の日経平均は、181円高の1万4485円だった。ただ、出来高は少なく、盛り上がりに欠ける展開が続いている。

 3月決算の発表が佳境に入っている。楽天証券経済研究所のチーフ・ストラテジスト、窪田真之氏の分析によると、相変わらず、今年度の業績について、市場予想を下回る予想を発表する企業が多いが、1日は日経平均が上昇していたこともあり、あまり大きく売り込まれる銘柄はなかったとのことだ。

30日発表の決算サプライズ銘柄

 決算発表で注目されるのは、新年度(2015年3月期)の業績予想だ。会社発表の予想が、アナリストのコンセンサス予想を大きく下回っているもの、大きく上回っているものが決算プレイの対象になる。


今期(2015年3月期)連結経常利益の会社予想と市場予想比較

 1日は、新年度の予想が低くてネガティブでも上昇した銘柄があった。海運2社の日本郵船(9101)と商船三井(9104)は、今期予想が市場予想に届いていないが、それでも2社とも大きく上昇した。市場予想よりは低いものの、それぞれ2割前後の経常増益予想を出していること、事前に株価が下がっていたことから、決算発表で一旦悪材料出尽くしとなった可能性もある。

 空運2社の日本航空(9201)とANA(9202)は、新年度予想がネガティブサプライズだったが、日経平均が上昇していたので、小幅上昇となった。

1日発表の決算サプライズ銘柄

 以下の通り、主要銘柄では、ローム(6963)がネガティブサプライズだった。


 総合商社の業績は、純利益で評価すべきなので、純利益の会社予想と市場予想を比較した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]