編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

オラクル、新プラットフォーム「Oracle Marketing Cloud」を発表

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-05-02 12:53

 Oracleは今週、製品のアップグレード、発表、ウェブ配信を3日連続で実施するという、忙しい1週間になった。

 直近の取り組みは、Oracleの「Oracle Marketing Cloud」ビジョンを軸としたものだ。

 Oracleの社長Mark Hurd氏が米国時間4月30日午後に発表したこの新たなプラットフォームは、この数年間に同社が買収した主要なソーシャルメディアを統合することが前提となっている。

 このグループを構成するのは、BlueKai、Compendium、Eloqua、Responsysだ。

 この動きは、Oracleの最新のクラウド戦略コンポーネント「Customer 2 Cloud」へとつながっている。Customer 2 Cloudは、Oracleの顧客がオンプレミスのアプリケーションから「Oracle Cloud」アプリケーションへと切り替えられるようにするためのプログラムだ。

 Oracleは、Customer 2 Cloudについて、「Oracle HCM」や「Oracle CRM」の顧客が、オンプレミスのソフトウェア環境からSaaSモデルへ移行する際に直面してきた共通の財務的、技術的課題に対処するはずだとしている。

 また29日には、Oracleは3年ぶりにUnix系OS「Solaris」の最新版の提供を開始した。これは、Oracleが独自に設計したシステムや「Exadata」のほかに、「OpenStack」が収めた実績を大いに活用した製品だ。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]