「クラウドとオンプレミスの中間にあるもの」を目指せ--MSがTechEdで見せた新サービス - (page 2)

Mary Jo Foley (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-05-15 07:30

 今回発表されたサービスで、同じくクラウドとオンプレミスの橋渡しの支援を目的としているのが「Microsoft Antimalware for Azure」だ。要するにこれは「アンチマルウェア・アズ・ア・サービス」だとRussinovich氏は述べた。

 Microsoftは消費者向けの無料製品「Microsoft Security Essentials」のエンジンを、「VM Agent」拡張サポートによってAzure仮想マシン上で利用できるようにした。このアンチマルウェア機能をオンプレミスとクラウドの両方に対応させたことで、ユーザーは一貫した方法で監視と構成を行うことができる。Azureでほかのアンチマルウェアソリューション(トレンドマイクロの「Deep Security」や「SecureCloud」、Symantecの「Endpoint Protection」など)を利用したいユーザーは、Azureでサードパーティーのアンチマルウェア製品も選択できるようになった。

 Microsoftは12日、TechEdで仮想ネットワーク(VNET)間の接続機能も披露している。Russinovich氏は、この機能もオンプレミスアプリ開発者の興味を引く可能性があると述べた。Microsoftの「SQL Always On」チームも2つのリージョンでフェイルオーバーを実行できる機能を求めていた。今では、複数のリージョンをまたいで、あるいは同一のリージョン内で、ゲートウェイで仮想ネットワークを相互接続できるようになった、とRussinovich氏は説明する。

 次はディザスタリカバリ・アズ・ア・サービスだ。Microsoft関係者はTechEdにおいて、「Azure Hyper-V Recovery Manager」の新機能を、6月に公開するパブリックプレビュー版で追加する予定だと述べた。

 現在、Hyper-V Recovery Managerは「System Center」のプライベートクラウドのディザスタリカバリを目的としている。しかし6月より、仮想マシンを顧客の主要サイトから顧客の2つめのサイトに複製するのではなく、直接Azureに複製できる機能も提供される。Microsoftは6月にプレビュー版を公開するとき、Hyper-V Recovery Managerを「Azure Site Recovery」に名称変更する予定だ。

 こうした新たな提案は、クラウドを試験的に使ってみることを未だにためらっているITプロフェッショナルや開発者に響くだろうか。今週ヒューストンで開催のTechEdに参加する大勢の人々の反応は、それを占う試金石になるはずだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]