米株式動向

「ソフトウェアの巨人」マイクロソフトに見直しの気運--13日の米IT株動向

ZDNET Japan Staff

2014-05-14 12:31

 5月13日のダウ平均株価は、前日比19.97ドル(0.12%)高の16715.44ドル。IT企業の多いNASDAQ平均株価は前日比13.69ドル(0.33%)安の4130.17ドル。S&P 500は0.80ドル(0.04%)高の1897.45ドルだった。


 IT分野の主要企業の動きは以下の通り。表の17社中、上昇したのは10社、5社が下落した。上昇率が最も高かったのは1.84%高のMicrosoft。下落率が最も高かったのは1.42%安のCisco Systemsだった。

 Microsoftについて、投資情報サイト「Motley Fool」のMukesh Baghel氏は、PC市場が落ち込む一方で、Microsoftが企業向けの領域などでしっかりとした業績を残していることを評価。直近の四半期で、Office 365などを含む商用クラウドビジネスの売り上げは倍増、エンタープライズのクラウド領域で強さを発揮するGoogleともしっかりと競合する環境をつくってきているとした。

 さらに驚いたこととして、検索ビジネスが前四半期の18.4%の成長からさらに伸ばし、38%増としたことだとした。PC市場の落ち込みが予想される中で一時は悲観された「Software Giant」であるMicrosoftを、米投資家が見直し始めていることを示唆していた。

(出典:Google Finance www.google.com/finance)
(出典:Google Finance www.google.com/finance)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]