編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

クラウドファンディングが世界を変える--3Dプリンタから補聴器まで - 12/12

Lyndsey Gilpin (TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-05-26 07:30

 Homeless Guy Blogger

 「Homeless Guy Blogger」と呼ばれるKevin Barbieux氏は、2002年にブログを始めた。ホームレスだった同氏は、20年にわたって断続的に路上生活をしていた。同氏は「Blog Spot」を使って、自分の生活や、路上生活をやめる方法、そして路上生活者を助けるのに1番良い方法について書き始めた。Barbieux氏はテネシー州ナッシュビルに長く住んでいたが、後に出身地であるカリフォルニア州サンディエゴに移り、より定期的なブログ投稿を始めた。先日、Barbieux氏はFundlyで、新しいノートPCを買うための資金調達キャンペーンを開始した。同氏は、ブログの執筆を続けて、路上生活者に対する待遇改善についての主張や、アスペルガー症候群(同氏は多くの路上生活者がアスペルガー症候群の患者だと考えている)についてブログを書き続けられるように、1500ドルの資金を求めていた。路上生活者が生き延びる方法のヒントを伝える動画を作成していたので、Wi-Fi接続が可能で、動画のダウンロードや編集の機能が優れているノートPCを希望していた。2014年4月26日に、Barbieux氏は24番目の寄付を受け取り、これによって目標額に到達した。

 Homeless Guy Blogger

 「Homeless Guy Blogger」と呼ばれるKevin Barbieux氏は、2002年にブログを始めた。ホームレスだった同氏は、20年にわたって断続的に路上生活をしていた。同氏は「Blog Spot」を使って、自分の生活や、路上生活をやめる方法、そして路上生活者を助けるのに1番良い方法について書き始めた。Barbieux氏はテネシー州ナッシュビルに長く住んでいたが、後に出身地であるカリフォルニア州サンディエゴに移り、より定期的なブログ投稿を始めた。先日、Barbieux氏はFundlyで、新しいノートPCを買うための資金調達キャンペーンを開始した。同氏は、ブログの執筆を続けて、路上生活者に対する待遇改善についての主張や、アスペルガー症候群(同氏は多くの路上生活者がアスペルガー症候群の患者だと考えている)についてブログを書き続けられるように、1500ドルの資金を求めていた。路上生活者が生き延びる方法のヒントを伝える動画を作成していたので、Wi-Fi接続が可能で、動画のダウンロードや編集の機能が優れているノートPCを希望していた。2014年4月26日に、Barbieux氏は24番目の寄付を受け取り、これによって目標額に到達した。

提供:Kevin Barbieux

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]