編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

福岡県添田町、財務会計と人事給与をSaaSに--バックアップ用データも保管

NO BUDGET

2014-05-22 18:53

 福岡県添田町は、財務会計と人事給与にSaaSを導入、利用を開始した。日立ソリューションズ西日本、日立製作所、日立公共システム、日立システムズが5月22日に発表した。

 採用されたのは、日立グループが提供している自治体向けのSaaS「ADWORLD 自治体クラウド」。クラウドサービス「Harmonious Cloud」のラインアップの一つであり、日立グループのデータセンターから提供されている。

 添田町では、これまで庁舎にシステムを設置、運用していた。800km以上離れたデータセンターから仮想専用線(VPN)経由で利用するとともに、バックアップ用データも保管されている。

 被災時にシステムの迅速な復旧が可能となるなど、業務継続性の向上につながるという。庁舎内に設置したシステムではハードウェアやOSの老朽化に伴って数年ごとにシステムの更新が必要だったが、SaaSの導入でシステム運用や保守に関わる負担も低減できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]