編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

ユニークな「Raspberry Pi」プロジェクト--ロボットからビール醸造まで

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-05-27 07:30

 「Raspberry Pi」の共同開発者であるEben Upton氏は、高価ではないLinuxベースのシングルボードコンピュータ(SBC)というアイデアを思いついた時に、正直なところ「売れるのは1000台くらい、どんなに多くても1万台だろう」と考えていた。「われわれは、少ない台数を作り、ケンブリッジ大学でコンピュータサイエンスを学びたいという人々に配ろうと考えていた」(Upton氏)。しかしその予想は間違っていた。

 メーカーコミュニティーはRaspberry Piというアイデアに夢中になり、「Raspberry Pi Model B」が登場したとき、発売初日に初回分の10万台が数時間のうちに売り切れてしまった。Raspberry Piは、発売から2年間で250万台超が売れている。700MHzの「ARM11」チップと512MバイトのRAMを搭載し、ストレージにSDメモリカードかマルチメディアカードを必要とするコンピュータとしては悪くない数字だ。

 それほどすごい話には聞こえないだろうか。しかしこのクレジットカードサイズのコンピュータは、スマートグラス、スマートフォン、サーバ、タブレット、そして信じがたいかもしれないが、スーパーコンピュータにまで使われている。

 これらはほんの一部の例に過ぎない。Raspberry Pi SBCを使えば、ほかの種類のコンピュータの機能の真似だけではなく、はるかに多くのことができる。

 「Raspberry Pi」の共同開発者であるEben Upton氏は、高価ではないLinuxベースのシングルボードコンピュータ(SBC)というアイデアを思いついた時に、正直なところ「売れるのは1000台くらい、どんなに多くても1万台だろう」と考えていた。「われわれは、少ない台数を作り、ケンブリッジ大学でコンピュータサイエンスを学びたいという人々に配ろうと考えていた」(Upton氏)。しかしその予想は間違っていた。

 メーカーコミュニティーはRaspberry Piというアイデアに夢中になり、「Raspberry Pi Model B」が登場したとき、発売初日に初回分の10万台が数時間のうちに売り切れてしまった。Raspberry Piは、発売から2年間で250万台超が売れている。700MHzの「ARM11」チップと512MバイトのRAMを搭載し、ストレージにSDメモリカードかマルチメディアカードを必要とするコンピュータとしては悪くない数字だ。

 それほどすごい話には聞こえないだろうか。しかしこのクレジットカードサイズのコンピュータは、スマートグラス、スマートフォン、サーバ、タブレット、そして信じがたいかもしれないが、スーパーコンピュータにまで使われている。

 これらはほんの一部の例に過ぎない。Raspberry Pi SBCを使えば、ほかの種類のコンピュータの機能の真似だけではなく、はるかに多くのことができる。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]