編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

今さら聞けない、「マイクロサーバって何?」--各社製品を写真でチェック

Charles McLellan (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-05-29 07:30

 マイクロサーバはサーバ設計における最新の進化を体現するもので、過去にラックマウント型サーバやブレードサーバで見られた高密度化や電力効率の向上、管理の簡素化といった流れを受け継いでいる。

 マイクロサーバでは、ブレードサーバ風のカートリッジに搭載された複数の省電力サーバノードがシャーシに密に詰め込まれており、ネットワーク、電力、冷却機能を共有できる。簡単なウェブサーバ機能、静的なコンテンツデリバリ、オフラインまたはバッチ分析、ローエンドの専用ホスティングなど、典型的なマイクロサーバのワークロードは、複数の省電力ノードを追加することによって効果的にスケーリングできる。このような高度に並列化された「スケールアウト」型ワークロード向けのプロセッサには、低消費電力のIntel「Atom」やARMベースの設計が含まれる。ノードの性能向上によって効果的なスケーリングが可能になるシングルスレッドのワークロードも、一部のマイクロサーバプラットフォームでは、Intelの「Xeon」やAMDの「Opteron」などのプロセッサをベースとした強力なノードを使用することによって対応可能だ。

 マイクロサーバはサーバ設計における最新の進化を体現するもので、過去にラックマウント型サーバやブレードサーバで見られた高密度化や電力効率の向上、管理の簡素化といった流れを受け継いでいる。

 マイクロサーバでは、ブレードサーバ風のカートリッジに搭載された複数の省電力サーバノードがシャーシに密に詰め込まれており、ネットワーク、電力、冷却機能を共有できる。簡単なウェブサーバ機能、静的なコンテンツデリバリ、オフラインまたはバッチ分析、ローエンドの専用ホスティングなど、典型的なマイクロサーバのワークロードは、複数の省電力ノードを追加することによって効果的にスケーリングできる。このような高度に並列化された「スケールアウト」型ワークロード向けのプロセッサには、低消費電力のIntel「Atom」やARMベースの設計が含まれる。ノードの性能向上によって効果的なスケーリングが可能になるシングルスレッドのワークロードも、一部のマイクロサーバプラットフォームでは、Intelの「Xeon」やAMDの「Opteron」などのプロセッサをベースとした強力なノードを使用することによって対応可能だ。

画像提供:Intel

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]