編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

MS、「Visual Studio 2013 Update 3」初のパブリックプレビューをリリース

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-05-26 12:37

 Microsoftは「Visual Studio 2013 Update 2」の最終バージョンをリリースしたわずか2週間後、「Visual Studio 2013 Update 3」の最初のパブリックプレビューをダウンロード公開した。

 このプレビューには「IntelliTrace」や「CodeLens」といった、デバッグやテストを支援するためのツールに対する改善が含まれている。またUpdate 3では、「.Net Native」(Project N)によってビルドされたx86アプリケーションのデバッグが可能になる。

 同プレビューには「Windows PowerShell」や、システム構成データの配備や管理をする「Windows PowerShell Desired State Configuration」(DSC)といった機能への対応も含まれている。なお、DSCは社内のインフラや、「Microsoft Azure」仮想マシンをベースにしたクラウドインフラの構成や管理を容易にするとMicrosoftがうたっている機能だ。

 Microsoftは「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base)において、Update 3の最初のプレビューに搭載されている全機能の一覧を公開している。

 Visual Studioの開発チームはここ数年にわたって、不具合の修正や新機能の搭載を目的として、ほぼ四半期に1度に近い迅速なペースでアップデートを公開してきている。ただ同チームは、MicrosoftがUpdate 3の最終バージョンをいつ公開するのかについて明らかにしていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]