編集部からのお知らせ
新着の記事まとめ「Emotet」動向

ストレージも「Software-Defined」--EMCが目指すデータセンターの革新 - (page 2)

沙倉芽生

2014-05-27 07:30

鍵はデータセンターのアーキテクチャ集約

 つまり、データセンターのアーキテクチャを集約できるようになり、アプリケーションサーバとデータベースを同時に運用できるようになりました。

 ユーザーは、これまで通りサーバ、ネットワーク、ストレージの3つのレイヤを使ってデータセンターを運営することも可能ですが、EMCでは「ScaleIO」(EMCが2013年7月に買収)というソフトウェアを提供しており、これによって単一レイヤのサーバでローカルハードウェアの容量をまとめ、エンタープライズクラスのストレージ機能を提供することが可能となりました。このように、十分なりソースが用意され、技術革新があったことで、アーキテクチャがソフトウェアで定義できるようになったのです。

新製品のECSは、市販のハードウェアと、ViPR、ScaleIOをベースとした製品。パブリッククラウドの使いやすさとプライベートクラウドの安全性を併せ持つクラウドストレージアプライアンスだ。
新製品の「EMC Elastic Cloud Storage」は、市販のハードウェアと、ViPR、ScaleIOをベースとした製品。パブリッククラウドの使いやすさとプライベートクラウドの安全性を併せ持つクラウドストレージアプライアンスだ。

ソフトウェア定義ストレージ実現のために

--Software-Defined Storageを完全に実現するには、あと何が必要なのでしょうか。EMCとしては製品や環境はすでに整えているのですか?

 すでにEMCではSoftware-Defined Storageを実現する製品を用意していますし、環境も整っています。もちろん今後も新たな製品は出てくる予定ですが、今後の製品についてここで話すことはできません。

 ユーザー側もすでにEMCのSoftware-Defined Storage製品を導入するためのステップを踏みつつあるので、今後どのようにして製品を適用していくかが課題となるでしょう。今足りないものがあるとすれば、ユーザーがさまざまな事例を見てSoftware-Defined Storageの利点を感じ取り、より多くのユーザーがこの分野に興味を持って投資することだと思います。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]