編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

テレビCMや新聞広告など“オフライン”向けA/Bテストツール--ASP型で提供

山田竜司 (編集部)

2014-06-02 13:15

 売れるネット広告社とFusicはテレビCMや新聞広告といったオフラインの広告素材(クリエイティブ)の効果を比較できるASP型“A/Bテスト”ツール「売れる TVCM クリエイティブテスター」「売れる 新聞・チラシ クリエイティブテスター」を発表した。税別の月額利用料は4万9800円から。初期費用はかからない。

 A/Bテストは画像や説明文といった複数広告の素材をオンラインで用意し、それらを入れ変えたサイトやバナー広告などを同時に配信、効果を検証する方法。売れる TVCM クリエイティブテスターと売れる 新聞・チラシ クリエイティブテスターは「ネットメディア上のA/Bテストで効果が高かった広告素材は、マスメディア向け広告でも効果が高い」という仮説のもと開発されたA/Bテストツール。

 A/Bテストに必要な「広告クリエイティブテスト用ランディングページ制作」「通販」「テスト結果測定分析」などの機能を利用できる。

 テレビCMや新聞広告以外にもポスターや看板といった広告や、商品名、商品パッケージ、製品やサービスの価格設定、キャンペーンのオファー内容などをテストできるとした。

 売れるネット広告社は「これまで4年にわたって健康食品の通販事業など1億円分の広告を運用して実験した結果、“ネット広告で効果の高かった広告素材はマスメディア向け広告でも効果が高い”という結果が出た。これまで運任せだったマスメディア広告の効果を最大化したい」とコメントしている。


テスト結果測定・分析画面

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]