編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

消費者は“エクスペリエンス”を買う--ダッソー、新製品「BIOVIA」発表

齋藤公二 (インサイト)

2014-06-04 17:23

 ダッソー・システムズは6月2~3日、都内で自社イベント「3D EXPERIENCE FORUM Japan 2014」を開催。本社Dassault Systèmsのプレジデント兼最高経営責任者(CEO)のBernard Charlès氏は会見で新製品群の「3DXCITE」や「BIOVIA」、それらを統合した「3Dエクスペリエンス・プラットフォーム」を紹介した。

 3Dエクスペリエンス・プラットフォームは、Dassaultが2012年から展開しているブランドであり、オフプレミス製品とオンプレミス製品の両方を含んでいる。大きく、3Dモデリング、シミュレーション、ソーシャル&コラボレーティブ、インフォメーションインテリジェンスの4つのアプリケーション群に分かれている。

 具体的には、3D CAD設計の「CATIA」と3D設計の「SOLIDWORKS」、有限要素解析などの「SIMULIA」やモデリングなどの「DELMIA」、3Dコミュニケーションの「3DVIA」、設計データ管理などの「ENOVIA」、検索基盤などの「EXALEAD」やビジネスインテリジェンス(BI)などの「NETVIBES」などがある。2013年に買収したRealtime Technologyの製品は3DXCITEというブランドとしてソーシャル&コラボレーティブに、5月に買収したAccelrysの製品はBIOVIAとして3Dモデリングにそれぞれ加わった。

 3Dエクスペリエンス・プラットフォームは、12の業種ごとに最適化して提供している。業種は現在、航空宇宙・防衛、建設・建築、消費財・小売業、パッケージ製品・小売業、エネルギー・プロセス、金融・ビジネスサービス、ハイテク、産業機械、医療機器・医薬品、船舶・海洋、天然資源、自動車・輸送機械にわたる。

Bernard Charlès氏
Dassault Systèms プレジデント兼CEO Bernard Charlès氏

 「すべてのブランドを1つのビジネスプラットフォームにまとめあげた。将来のイノベーションはこれらをすべてつないだものと考えるからだ。デザインやシミュレーションだけではなく、バイオ、マテリアルサイエンス、バイオモレキュラーなど、さまざな分野に投資し、適切なビジネス価値を提供する。次世代のプラットフォームでまったく新しい可能性を提示していきたい」(Charlès氏)

 2013年の実績としては、新規顧客が1万9000社増で、市場シェアが1ポイント以上の伸長、為替の影響を除いて売上高が2桁増となったことなどを紹介した。1カ月に1社のペースで買収しており、営業利益の大部分を研究開発投資に振り向けている状況だという。R&Dラボは世界43拠点あり、クラウドセンターは4拠点、2014年に新たなクラウド拠点を開設することも紹介した。

 エグゼクティブバイスプレジデントのMonica Menghini氏は、iPhoneやNespresso、Teslaの例を挙げながら、「現在の消費者は、製品やサービスでモノを選ぶのでなく、エクスペリエンスでモノを選ぶ。たとえば、iPhoneは電話としてではなく、それに付随するiTunesなどのサービスから得られる経験を買う。Nespressoはコーヒーではなく、店舗で得られるような経験を買う。企業は、そうしたエクスペリエンスをデザインする必要がある」と指摘。エクスペリエンスをデザインするために開発されたのが3Dエクスペリエンス・プラットフォームだとした。

 たとえば、自動車・輸送業界向けではCATIAやDELMIA、ENOVIAなどを利用して車体の3Dモデリング、流体シミュレーション、取引先とのコラボレーション、ノウハウやイノベーションを共有する。3Dエクスペリエンスの特徴は、「ユーザーを巻き込みながらエクスペリエンスを創造していくことができる」点だと説明した。

 3DXCITEは、デザインや企画、開発で使う3D CADなどのエンジニアリングデータをマーケティングや営業のツールとして再利用できるようにするためのソフトウェア。セールスやPOSデータ、ウェブショールーム、ウェブチラシなどと連携し、マーケティング資産の製品ライフサイクル管理(PLM)を実現できるという。

 BIOVIAは、生物学、化学、素材・材料のモデリングとシミュレーション、オープンなコラボレーション、品質管理などを行うアプリケーション。顧客は、SanofiやPfizer、GlaxoSmithKline、AstraZeneca、du Pontといった医薬品やバイオテクノロジのほか、Boeingやトヨタ、Samsungなどの製造業など2000社を超えるという。

 日本法人代表取締役社長の鍛治屋清二氏は、6月2日に設立20周年を迎え、国内スタッフ数も約500人規模に拡大したことなどを説明。「パートナーとのエコシステムを強化し、エクスペリエンス時代におけるビジネス創造を支援する」と話した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]