編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る
SAPPHIRE NOW 2014

データセンターを3拠点増設へ--アジア太平洋でクラウドの売上高伸ばすSAP

怒賀新也 (編集部)

2014-06-05 16:20

 SAPが米フロリダ州オーランドで開催している年次ユーザーカンファレンス「SAPPHIRE NOW + ASUG Annual Conference」の2日目となった6月4日、アジア太平洋と日本を担当するプレジデントのAdaire Fox-Martin氏が同地域のビジネス状況を説明するセッションを設けた。

  Fox-Martin氏はアジアのビジネスについて「第1四半期は日本を含めたアジア太平洋で、クラウド関連の売り上げが大きく伸びた」とする。クラウドとサポートの売上高が、2013年の1300万ユーロに対して、1900万ユーロと46%増えた

 特に、日本でのインメモリデータベース「HANA」事業の大きさはアジアでは突出した規模になっており、これについてアジアの記者から質問が飛んでいた。

Adaire Fox-Martin氏
アジア太平洋と日本を担当するプレジデントのAdaire Fox-Martin氏

 「HANAに関しては日本市場は“アーリーイノベーター”だ」とFox-Martin氏。SAPジャパンが日本において官公庁との結びつきが強いこと、日本企業のグローバル化の流れが追い風になっていることなどに触れた。

データセンターを増やす

 4月には東京と大阪の2カ所にデータセンターを開設。オーストラリアのシドニーにも4月1日に設置した。いずれも、HANAをベースにしたクラウド「HANA Enterprise Cloud」を展開。

 中でも、ERPなどのビジネスアプリケーション群「SAP Business Suite」やデータウェアハウス「SAP NetWeaver Business Warehouse」などを利用できるようにしている。

 記者の質問にFox-Martin氏は「このほかにデータセンターをあと3つ増やしたい」と話した。

 アジア全体については「現在、売り上げの柱になっているような企業も、もともとは小さい規模で始めていた。アジアの中小企業の多くが今後多国籍企業になるだろう」だと説明した。

 具体的には、SAPのデータセンター上でBusiness Suiteや、2012年5月に買収したAribaのビジネスネットワーク「Ariba Network」に接続する企業が増えているとのことだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]