編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

今週の日本株見通し:倉庫株に注目

ZDNet Japan Staff

2014-06-10 11:17

 9日、三菱倉庫(9301)【前日比1.6%高】、三井倉庫(9302)【同3.7%高】、住友倉庫(9303)【同1.4%高】など、倉庫株の上昇が目立った。楽天証券経済研究所のチーフストラテジスト窪田真之氏の分析によると、倉庫株には、賃貸不動産に大きな含み益があるにもかかわらず、株価が安いものが多く、注目できるとのことだ。

きわめて割安な倉庫株

 倉庫業の多くは、昔持っていた倉庫を賃貸ビルに変え、不動産業で利益をあげている。不安定な倉庫業の収益に対し、賃貸不動産から得られる収益は安定的だ。

 倉庫株には、株価がきわめて割安な銘柄が多い。不動産業の含み益が大きいにもかかわらず、本業である倉庫業の収益は伸び悩んでいるからだ。現在の倉庫株は、株価は倉庫業のイメージで割安についているが、実態は、賃貸不動産からがっちり賃貸料を取る安定経営の不動産株といえる。

 最近、都心部で空室率の低下が大きく、賃貸料もようやく底打ち・上昇が期待できるようになってきている。それを好感して大手不動産株は既に大きく上昇している。これからは、出遅れの不動産株として、倉庫株の上昇が期待できると考えられる。

国内の物流繁忙の恩恵はあまり大きくない

 実は、国内でEコマースの普及によって、今、倉庫へのニーズが大きく伸びている。といっても、需要が大きいのは、高速道路インターチェンジ脇にある商品仕分けもできる新型倉庫や、住宅街の中にあるたくさんの小型物流倉庫だ。

 上場している大手倉庫株が保有するのは、海岸沿いにある輸出入専用の大型倉庫が多く、今、需要が伸びている小型倉庫とは異なる。

割安な倉庫の参考銘柄


(注)含み益は、各社が有価証券報告所で開示している、賃貸不動産の時価と、簿価の差から算出したもの。その差(含み益)の65%(売却した場合にかかると推定される税35%を引いたもの)を自己資本に加え、再計算したPBRを、実質PBRとして記載している。

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]