編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「Windows 7」、デスクトップOSシェアで初の50%超え

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-06-10 14:40

 エンドユーザーデバイスを総合的に見ると、「Android」は「Windows」からシェアを奪っているかもしれないが、デスクトップに限定した場合、Windowsは今も支配者として君臨している。デスクトップOSのシェアに関するNet Applicationsの最新調査結果で1つ意外だったのは、「Windows 7」と「Windows 8.x」のここ数カ月の成長率が拮抗していることだ。

 金メダルに値するのはWindows 7だろう。なぜなら、2009年夏にリリースされて以来、Windows 7は初めて単なる多数ではなく、過半数のデスクトップユーザーを獲得し、シェアが50%を超えたからだ。Windows 7のシェア拡大は、「Windows XP」の広範なサポート終了という犠牲の上で成り立っている。

figure_1

 ユーザーは何があってもXPを使い続けると言っていたかもしれないが、実際には、彼らは同OSに徐々に見切りを付けている。

 XPのサポートが終了してからの7週間で、XPの利用シェアは3月の27.69%から5月の25.27%に縮小した。下げ幅は2.42ポイントだった。他方で、Windows 7のシェアは48.77%から50.06%へと1.29ポイント拡大している。同期間中、Windows 8.xは11.30%から12.64%へと1.34ポイント拡大した。

 細かく見ると、「Windows 8.1」の人気がついに「Windows 8」を上回った。5月、Windows 8.1のシェアが6.35%だったのに対し、Windows 8は6.29%だった。

 Windows 8に続いたのは、シェア4.15%の「Mac OS X 10.9」(開発コード名:「Mavericks」)だ。その下には、シェア1.62%のLinuxデスクトップOS群などが含まれる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]