編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

「世界はゼタバイト時代に」--シスコ、2018年までのIPトラフィック予測を発表

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-06-11 11:20

 Cisco Systemsが発表した最新の「Cisco Visual Networking Index」(VNI)によると、インターネットユーザーおよびデバイスの増加やブロードバンドの高速化、動画視聴の普及により、全世界のIPトラフィックは2018年までに1.6ゼタバイトに達する見通しだという。

 動画が全IPトラフィックに占める割合は2013年は65%だったが、2018年には79%に拡大する、とCiscoは試算している。また、人々が所有するデバイスの平均台数は2013年の1.7台から、2018年には2.7台に増加するという。

 今回のVNIでおそらく最も興味深いのは、将来、IPトラフィックが生じる方法と場所だろう。約40億人(世界人口の52%)がオンラインに接続するようになり、インターネットの歴史上初めて、トラフィックの大部分がPCではなく、モバイルデバイスやポータブルデバイスから発生するようになる。また、こうしたPC以外のデバイスがIPトラフィックに占める割合は2013年は33%だったが、2018年までには57%になるという。

 CiscoはPC以外の端末の年平均成長率(CAGR)を次のように示している。

  • テレビ - 18%
  • タブレット - 74%
  • スマートフォン - 64%
  • M2M接続 - 84%

 Ciscoは、CAGRでほかに差を付けて1位になったM2Mに大きな期待を寄せており、M2M接続は5年以内に地球の全人口(70億人強)とほぼ同じ数に達すると予測している。


 ブロードバンドに目を向けると、Ciscoは日本と韓国が2018年までに平均速度100Mbpsを達成すると予想してる。そのほかの国々は2018年までに42Mbpsに達する見通しだ。2013年末時点での平均速度は16Mbpsだった。

 今回のVNIは、世界が確実に「ゼタバイト時代」に突入したことを示している、とCiscoの製品およびマーケティング担当バイスプレジデントであるDoug Webster氏は述べた。

 「われわれは9年前に初めて発表したCisco Visual Networking Indexで、ゼタバイトを全世界IPトラフィックの重要なマイルストーンに設定した。Internet of Everything(IoE)の現実や、ネットワークモビリティに対する需要の拡大、4K動画の登場は、2014年の予測で強調された主要なトレンドに含まれる。これらのトレンドはサービスプロバイダーにとって、現在、そして近い将来の大きな好機である」(Webster氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]