編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

オラクル、Micros Systemsの買収でまもなく合意か

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-06-18 11:31

 OracleがホスピタリティソフトウェアメーカーのMicros Systemsを買収することで合意に近づいている可能性があると、Bloombergが報じている。買収金額は50億ドル規模とみられる。

 買収金額に関する憶測が正しければ、Oracleによる買収としては、2009年に57億ドルでSun Microsystemsを買収して以来、最大規模となる。

 この買収は、Oracleがクラウドの取り組みを継続する姿勢の表れであるとともに、エンタープライズソフトウェア大手である同社のクラウド戦略に沿ったものだ。つまり、他社に先行するためには、できる限り多くの企業を買収するということだ。Bloombergが指摘したように、Oracleは過去10年間に500億ドル超を投じて約100社を買収している。

 Oracleはクラウドゲーム分野に出遅れてきたが、同社最高経営責任者(CEO)のLarry Ellison氏は、特に、同社の会計四半期決算で売上高の不振が続いていることから、クラウドコンピューティングの競合企業に対抗する取り組みを強化している。

 Ellison氏は1月に開催されたCloudWorldイベントで、クラウドコンピューティングは同社に対して「追求すべき新たな市場をたくさん」与えてくれると述べており、社内的には現在の顧客や企業への対応を進めるため、営業基盤を強化しているところだと語っていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]