編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

MS、「OneDrive」の無料容量を15GBに増加へ--「Office 365」ユーザーは1TBに

Charles Cooper (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2014-06-24 08:07

 Microsoftは米国時間6月23日、同社のクラウドストレージ「OneDrive」で提供する無料ストレージ容量を2倍以上に増加する計画だと述べた。「Office 365」のさまざまなサブスクリプションで提供されるストレージ上限も引き上げられる。

主な変更内容は以下のとおり。

  • 無料ストレージ容量は、7Gバイトから15Gバイトに増加。
  • すべてのOffice 365ユーザーに、1テラバイトのストレージ容量が提供される(現行は20Gバイト)。
  • 「Office 365 Personal」の登録ユーザーには、月額6.99ドルで1テラバイトのストレージを提供。
  • 「Office 365 Home」の登録ユーザーには、月額9.99ドルで1人あたり1テラバイトのストレージを最大5人まで提供。
  • 「Office」を必要としないユーザーに対するストレージ登録料金も、100Gバイトで月額1.99ドル(現行は月額7.49ドル)、200Gバイトで3.99ドル(同11.49ドル)に引き下げられる。

 新しい価格が適用されるのは7月からで、現行の登録ユーザーは自動的に新価格へと移行されるとMicrosoftは述べた。

 表面的には、ストレージがさらにもう1つの技術的日用品になりつつあることに伴う、徹底的な競争の幕開けのように思われる。Microsoftはただ、15Gバイトのストレージを無料提供する「Google Drive」に追いつこうとしているだけだ。一方、Boxの無料提供容量は10Gバイト、Dropboxは2Gバイトである。

 企業がその上に他の製品やサービスをうまく重ねることができるならば、より一層魅力的なビジネスになると、MicrosoftでOneDriveの製品管理およびマーケティングを統括するAngus Logan氏は述べた。

 「ストレージ自体が、非常に興味深いというわけではない」とLogan氏は述べた。「ストレージの上に何を構築するかだ」(Logan氏)

 「引き分けにしかならないストレージ競争にただ参戦しようとしているわけではない。ストレージは、振り下ろす必要のあるハンマーにすぎないためだ」と同氏は続けた。「しかし、すべての端末、そこではクラウドストレージも提供されるのだが、そのすべてにわたって生産性を提供したいのだと言えるのならば、ストレージのみが注目される状態から、形勢を変えることができる」(Logan氏)

提供:Microsoft
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]