企業の通信サービス、音声ではIP化に加えてクラウド化が顕著--IDC調査

山田竜司 (編集部) 2014年06月27日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは6月26日、国内企業の通信サービス利用に関する調査結果を発表した。固定音声通信サービスでは、回線交換式サービスがIP系音声サービスの利用率を上回る一方、企業の内線サービスでは、自営型のIPを使った宅内交換機(IP-PBX)が従来型のアナログPBXの利用率を上回る結果が出た。内線サービスのIP化が進む背景として、大手企業の移行がけん引していると分析している。

 WANサービスのうち統合型ネットワークサービスでは、ユーザーが事業者選定で最重視するのは「ネットワーク利用の総費用での優位性」だった。各事業者はクラウドやセキュリティなどとのセット価格で回線を割安に提供しており、価格競争が激化するとした。

 モバイル通信サービス分野でスマートフォンでの顧客1人あたりの平均売り上げ(Average Revenue Per User:ARPU)は全般的にフィーチャーフォンより高額な傾向にあるが、スマートフォン1台あたりの月額料が2000円未満という回答も一部あり、キャリアから回線を借り受けて格安にサービスを提供する仮想移動体通信事業者(MVNO)の影響が強まっていると想定している。MVNOとキャリアの接続料が下落している昨今、スマートフォンのARPUは今後も継続して下落し、スマートフォンの企業への浸透率は高まるとみる。

 固定ブロードバンドサービスについては、光ファイバ(FTTH)をネット接続目的で利用する企業のうち、過去5年間に事業者を変更した理由を聞いたところ「価格」や「モバイルとの親和性」「クラウドとの親和性」などが挙がった。これはKDDIの「スマートバリュー for Business」など通信サービスと付帯サービスをバンドルして割り引いて提供するFMC(Fixed and Mobile Convergence)が影響していると分析する。

 IDCは、音声通信サービスはモバイルとIPに加え、クラウドが競争軸になり、統合型ネットワークサービスのターゲットは中堅中小(SMB)企業向けへシフトする。またブロードバンドサービスはWi-Fi普及を機にFMC競争がさらに加速すると説明した。その上で「音声のIP化/クラウド化競争は品質制御と総所有コスト(TCO)の削減率明確化が焦点になり、法人WANサービス市場ではSMBへの営業力強化が重要。固定ブロードバンドの付加価値向上と利益率合理化が重要になる」とコメントしている。


統合型ネットワークサービスの将来的な導入意向 N=443(単一回答、今現在統合型ネットワークサービスを利用していない企業に質問)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算