大元隆志のワークシフト論

“遊び”がビジネスを創る--リクルートのイノベーション集団

大元隆志(ITビジネスアナリスト) 2014年07月21日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リクルート。この名前を知らない人は日本にほとんどいないのではないだろうか。もし、リクルートという名前を知らなかったとしても、リクナビやゼクシィ、R25、Suumoなど同社が創り出したサービスの名前を聞けば、一度はお世話になったことがあるのではないだろうか。

 「新たな価値」を生みだすことを企業理念に掲げるリクルートを、技術で支えるのが「リクルートテクノロジーズ」だ。このリクルートテクノロジーズに、リクルートをさらに進化させることをミッションとした「アドバンスドテクノロジーラボ」が設立された。

 今回は、アドバンスドテクノロジーラボ長を務めるリクルートテクノロジーズ 最高技術責任者(CTO) 米谷修氏に、ラボ設立の狙いをうかがった。


アドバンスドテクノロジーラボ長を務めるリクルートテクノロジーズ CTO 米谷修氏

--アドバンスドテクノロジーラボ(ATL)とはどのような組織なのでしょうか。

 「世の中の先進技術から新しい価値を創出する」ことをミッションとしています。新しい価値を生みだそうとすると、世の中のニーズを読んで価値を生み出す方法と、シーズから価値を生み出す方法の2種類があると考えています。

 リクルートはニーズをつかんで価値を創出することを得意としていますから、ATLでは、シーズ、それも最先端の技術から新たな価値を創出することに挑戦します。

--いわゆるシーズから価値を生みだそうとする「プロダクトアウト」の発想は、ニーズから価値を生み出す「マーケットイン」の発想への転換が、ここ最近重要視されています。あえてシーズを選択される理由はどのような背景があるのでしょうか。

 世の中の流れを変える技術が続々と生まれてくるからですね。例えばHadoopという分散処理技術がありましたが、Hadoopが登場したことによってデータウェアハウス(DWH)の可能性は一気に加速したわけです。その流れがあり、今のビッグデータの文脈へと続いています。シーズが新たなニーズを生みだした例ですね。

 スマートフォンやソーシャルメディアといった「破壊的テクノロジ」と呼ばれる技術が今、世の中を変えようとしています。これらの技術を上手く使いこなせることも、これからの企業には必要な競争力だと考えます。

 「世の中のニーズを見る視点」も大切ですが、「技術で世の中を変える視点」も大切だと思います。われわれはリクルートグループの中で「技術で世の中を変える視点」を担います。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算