編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ITスタッフの雇用予測、2014年下半期も堅調--米調査

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-06-30 07:30

 米国各社の最高情報責任者(CIO)は、2014年下半期の自社の業績と雇用計画を楽観視している。ただし、ネットワーク管理者とデータベースプロフェッショナルを見つけるのは困難だ。

 Robert Half Technologyの調査によると、米国CIOは2014年下半期にチームの規模拡大を計画しており、14%のCIOが新たに人員を採用すると回答し、76%が空きのあるITポストの補充だけを行うと答えたという。

 また、雇用計画の保留や人員削減を予定しているCIOの割合は、6カ月前よりも少なくなった。Robert HalfはIT分野の人材紹介会社であり、同社の調査結果は2400人以上のCIOを対象としたインタビューに基づいている。

 雇用予測と需要のあるスキルは以下のとおりだ(端数処理のため、数字を合計しても100%にならない場合がある)。

2014年1-6月2014年7-12月
IT部門の人員増強を予定しているCIO16%14%
空きのあるITポストの補充のみを予定しているCIO67%76%
IT雇用計画の保留を予定しているCIO15%8%
IT担当者の削減を予定しているCIO2%1%
将来の雇用計画は把握していない1%1%

需要の高いスキルについては、ネットワーク管理が57%、デスクトップサポートが52%、データベース管理が52%となっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]