編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

シスコ、コラボレーションアプリ開発企業Assemblageを買収へ--IoE戦略の一環

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-06-30 11:52

 Cisco Systemsは米国時間6月27日、同社が進めているInternet of Everything(IoE)戦略におけるさらなる資産としてAssemblageを買収する意向であると発表した。

 Assemblageは、共有ホワイトボードやプレゼンテーションのブロードキャスト、画面共有といったリアルタイムのコラボレーションアプリを開発している。

 Ciscoは、ダウンロードやプラグイン、インストールの必要無しに、1クリックでブラウザ間のコラボレーションを可能にするというAssemblageのサポートを特に評価している。

 Ciscoのシニアバイスプレジデント兼ビジネス開発部門の責任者であるHilton Romanski氏は、27日の同社ブログへの投稿で、Assemblageの製品は少なくとも40種類のファイル形式をサポートしている点に触れ、自社のポートフォリオのリーチがより広がる可能性を示唆している。

 さらに、BoxやGoogleのような、サードパーティーによるクラウドエコシステムのアプリケーションとの統合経験を持つAssemblageは、Ciscoのコラボレーション戦略と、簡潔さと相互運用性に取り組むというわれわれの約束にも沿っている。

 サンフランシスコとコペンハーゲンにあるAssemblageのオフィスとともに、同社のエンジニアリングチームはCiscoのCollaboration Technology Groupに統合され、ウェブ開発で協力していくことになる。

 なお、買収の金銭的条件については明らかにされていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]