編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

さらなる速さを求めて--歴史に名を刻んだ6つのスーパーコンピュータ - 6/6

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-07-03 07:30

Tianhe-2(天河2号)
 「Tianhe-2」(天河2号)は2014年時点で最速のスーパーコンピュータだ。処理速度は33.86ペタフロップスで最初のBeowulfを完全に凌駕するが、同じ基本設計を採用している。天河2号を構築した中国の設計者たちは、2018年までに100ペタフロップス(10京フロップス)を達成したいと考えている。

 天河2号は16基の486DX CPUではなく、1万6000台のノードで構成される。各ノードには、IntelのIvy Bridgeプロセッサ「Xeon」2個と「Xeon Phi」プロセッサ3個が搭載されており、それらのコンピューティングコア数を合計すると312万基になる。

 アーキテクチャに関して、天河2号と最初のBeowulfには1つだけ大きな違いがある。それは、天河2号が複数のプロセッサアーキテクチャを組み合わせていることだ。天河2号は汎用CPUであるXeon IvyBridgeに加えて、浮動小数点計算専用のXeon Phiも利用する。

 2種類のCOTSプロセッサを組み合わせるこの新しい方法は、より一般的になりつつある。2014年6月に発表された「Top 500」スーパーコンピュータリストを見ると、計62のシステムが現在、アクセラレータ/コプロセッサ技術を採用しており、2013年11月の53から増加していることが分かる。それら62のシステムのうち、44システムはNVIDIAチップ、2システムがATI Radeonをそれぞれ使用している。また現在、17のシステムがIntelの「MIC」技術(Xeon Phi)を採用している。

 次のスーパーコンピューティングへの競走が続く中、次の目標になっているのはエクサフロップス(1000ペタフロップス)のスーパーコンピュータだ。多くの専門家はそれが2018年までに登場するだろう、と予想している。誰がそれを達成するのかは分からないが、そのスーパーコンピュータはLinuxと2種類のプロセッサを搭載し、依然として、実績のあるBeowulf設計に基づいたものになるだろう、と筆者は考えている。

 そのような処理速度が実現した場合、何が可能になるのだろうか。リアルタイムの遺伝子配列解析はどうだろうか。あえて言わせてもらうが、本当に正確な天気予報は可能になるのだろうか。その日は近づいている。そして、その未来はそんなに遠くない。

Tianhe-2(天河2号)
 「Tianhe-2」(天河2号)は2014年時点で最速のスーパーコンピュータだ。処理速度は33.86ペタフロップスで最初のBeowulfを完全に凌駕するが、同じ基本設計を採用している。天河2号を構築した中国の設計者たちは、2018年までに100ペタフロップス(10京フロップス)を達成したいと考えている。

 天河2号は16基の486DX CPUではなく、1万6000台のノードで構成される。各ノードには、IntelのIvy Bridgeプロセッサ「Xeon」2個と「Xeon Phi」プロセッサ3個が搭載されており、それらのコンピューティングコア数を合計すると312万基になる。

 アーキテクチャに関して、天河2号と最初のBeowulfには1つだけ大きな違いがある。それは、天河2号が複数のプロセッサアーキテクチャを組み合わせていることだ。天河2号は汎用CPUであるXeon IvyBridgeに加えて、浮動小数点計算専用のXeon Phiも利用する。

 2種類のCOTSプロセッサを組み合わせるこの新しい方法は、より一般的になりつつある。2014年6月に発表された「Top 500」スーパーコンピュータリストを見ると、計62のシステムが現在、アクセラレータ/コプロセッサ技術を採用しており、2013年11月の53から増加していることが分かる。それら62のシステムのうち、44システムはNVIDIAチップ、2システムがATI Radeonをそれぞれ使用している。また現在、17のシステムがIntelの「MIC」技術(Xeon Phi)を採用している。

 次のスーパーコンピューティングへの競走が続く中、次の目標になっているのはエクサフロップス(1000ペタフロップス)のスーパーコンピュータだ。多くの専門家はそれが2018年までに登場するだろう、と予想している。誰がそれを達成するのかは分からないが、そのスーパーコンピュータはLinuxと2種類のプロセッサを搭載し、依然として、実績のあるBeowulf設計に基づいたものになるだろう、と筆者は考えている。

 そのような処理速度が実現した場合、何が可能になるのだろうか。リアルタイムの遺伝子配列解析はどうだろうか。あえて言わせてもらうが、本当に正確な天気予報は可能になるのだろうか。その日は近づいている。そして、その未来はそんなに遠くない。

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]