AWS、「T2」インスタンスを発表--EC2クラウドがより低価格で利用可能に

Nick Heath (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-07-02 10:52

 「Amazon Web Services」(AWS)が小規模なウェブサーバやアプリ開発に適した低性能マシンをレンタルできるオプションを発表した。これにより、ユーザーは従来より安い料金で「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)から仮想マシンをレンタルできるようになった。

 AWSの米国時間7月1日の発表によると、新しい「T2」インスタンスを1台レンタルする場合の開始価格は1時間当たり0.013ドル(月額9.50ドル)だという。これまで、最も安価なインスタンスは1時間当たり0.027ドルの「M1」だった。参考までに、「Google Compute Engine」は既に米国で低性能仮想マシン「f1-micro」を1時間当たり0.013ドルで提供しているが、メモリ容量はT2より少ない。

 AWSによると、T2インスタンスは運用を開始したばかりのウェブサーバやテストおよび開発環境のホストに適しているほか、「小規模なデータベース」としても機能するという。

 T2インスタンスは基盤となるCPUのコンピューティングパワーを共有するが、一定時間、チップの処理能力向上を要求することができる。

 「T2インスタンスは、CPUの全能力を頻繁に、または連続的に使用することはないが、時折CPUパフォーマンスを高める必要があるワークロードに適している」とAWSは述べた。

 さらに、「Elastic Block Store」を通してT2インスタンスとSSDを組み合わせることで、これまでより低コストで高性能ストレージを利用できる、とAWSは示唆している。

 T2インスタンスは「Micro」と「Small」「Medium」の3種類が用意されており、単一のvCPUと1Gバイトのメモリから、2つのvCPUと4Gバイトのメモリまで、さまざまな構成を利用できる。T2インスタンスは、Amazonが「最新のIntel製『Xeon』プロセッサ」と呼ぶものによって支えられている。同プロセッサのクロック速度は最大3.3GHzだ。T2仮想マシンは、オンデマンドインスタンスおよびリザーブドインスタンスとして購入可能だ。

 T2インスタンスは現時点で、米国東部(バージニア北部)と米国西部(オレゴン)、欧州(アイルランド)、アジアパシフィック(シンガポール)、アジアパシフィック(東京)、アジアパシフィック(シドニー)、サンパウロのAWSリージョンで利用できる。

 AWSは無料利用枠も提供しており、ユーザーはストレージ容量が限られた低性能のEC2インスタンスを最大1年間テストすることができる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]