Dropbox、ビジネス向けのアーリーアクセス版に新機能を追加--閲覧のみの設定が可能に

Rachel King (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2014-07-02 12:10

 Dropboxは、新しい共有権限の設定機能を追加し、IT管理者が利用できる設定の数を増やすことで、セキュリティレベルの向上と、ワークフローの合理化を可能にした。

 この機能は、ビジネス向けのDropboxである「Dropbox for Business」の顧客向けに実施されているアーリーアクセスプログラムの一環として提供が開始された。同機能を使用することでユーザーは、共有フォルダに閲覧のみという権限を設定できるようになる。

 これによりフォルダの所有者には、各ファイルや各フォルダに対応付けられたさまざまな共同作業者のアクセスレベルを、より細かく確認、管理する機会が与えられる。

 ここで重要なのは、フォルダの管理者が、フォルダ内容を編集できるユーザーと編集できないユーザーを決定することもできるという点だ。

 DropboxのソフトウェアエンジニアAlicia Chen氏は米国時間7月1日付けのブログ投稿で、閲覧のみを許可するという今回追加された権限設定は、ビジネス顧客から「最も要求の多かった機能」であったと語っている。

 Dropbox for Businessの管理者は、同日から「Admin Console」内でチームの閲覧のみという権限設定を有効化できるようになっている。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]