編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アメリカの景気は好調、関連株を見直す必要も

ZDNet Japan Staff

2014-07-04 11:53

 7月3日に6月の米国の雇用統計が発表になった。注目の非農業部門雇用者数は、前月比28.8万人の増加と、21.6万人増としていた事前予想を上回った。

 景気好調と判断される20万人を大きく上回る増加数だ。失業率は6.1%。事前予想の6.3%よりも低水準だった。

6月の米雇用統計は強い

<米国の非農業部門雇用者数(前月比)>


(出所:米労働省)

<米国の完全失業率>


(出所:米労働省)

 雇用統計発表の直後に、為替はややドル高(円安)に動き、1ドル102円20銭をつけた。ただし、雇用統計を受けて一時上昇した米国債利回りが上げ幅を縮小したことから、NY市場の午後に入り、ドル買いの勢いは一服した。

 NYダウは雇用統計を好感し、前日比92.02ドル高の1万7068.26ドルと最高値を更新した。米国債利回りが上昇する気配がなかったこと、リビアが原油供給を増やす見通しから原油先物が低下したことから、幅広い銘柄が買われた。NYダウとS&P500は終値で3日連続の最高値更新となったほか、米ナスダック市場も2000年以来の高値で引けた。なお、NY市場は本日(4日)休場となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]