編集部からのお知らせ
メタバース動向の記事まとめ
サイバー防衛動向の記事まとめ

セールスフォース、「Salesforce1」のモバイルアプリに分析ツールを追加

Larry Dignan (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2014-07-07 12:36

 Salesforce.comは米国時間7月3日、同社の「Salesforce1 Mobile」アプリにモバイル向けのレポート機能とダッシュボード機能を新たに追加した。これにより、同アプリのユーザーに対してより優れた分析機能を提供できるようになる。

 ビジネスデータは現場で利用できるようになっているべきであり、そうすることで顧客はスマートフォンを使って業務を遂行できるようになるというのがSalesforce.comの伝えようとする全体的なメッセージだ。同社はモバイルデータやモバイルアプリの分野に力を入れてきており、開発者を呼び込んできている。

 Salesforce.comの分析担当ディレクターAnna Rosenman氏によると、モバイル機器から同社の提供する機能にアクセスできるようにすることは非常に重要だという。モバイル機器は、主要なコンピューティングツールという役割を、2014年中にデスクトップコンピュータから奪うと考えられている。

 同社はこれまで、モバイルエコシステムの構築に焦点を当ててきている。そして今では、機能の強化に力を注いでいる。同社が描いているシナリオとは、スマートフォンやタブレットから大きな契約を締結できるようにするとともに、そうした機器上でより優れたサービスを提供するというものだ。

 同社は標準的なダッシュボードを提供するものの、顧客によるカスタマイズも可能だ。また、営業担当者といった個々の従業員もダッシュボードをカスタマイズできるようになっている。同社で分析担当シニアディレクターを務めるTodd Enders氏は「エンドユーザーのイノベーション能力に制約を課すのではなく、彼らに出発点を与えたいはずだ」と語っている。

 レポート機能は以前から提供されていたが、ツールの充実が図られている。同社によると、ダッシュボードを単一のインターフェースで提供するようにしたほか、以下のようなことが可能になるという。

  • SalesforceのCRMや、カスタム化されたレポート機能へのアクセス。「Salesforce1 Mobile Reports & Dashboards」により、基礎となるデータやレコードのドリルダウンが可能になる。
  • レポートおよびダッシュボード関連のAPIの追加によって、開発者はSalesforce1とアプリの統合を全社規模で行えるようになる。
  • ダッシュボード内でサードパーティーのデータ可視化ライブラリも利用できるようになる。つまり、レポートツールやダッシュボードツールに「Google Charts」や「D3.js」「CanvasJS」「Chart.js」「HighCharts JS」「RGraph」をプラグインできるようになる。
  • チャートや、コンテキストに依存した情報をフィールドからレコード内に簡単に埋め込めるようになる。
 ドリルダウン機能と、チャートの埋め込みに必要となるAPIは7月中に、Salesforce1 Mobileアプリ上で利用可能になる予定だ。また、共有ダッシュボードは2014年下半期中に利用可能になる予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]