松岡功の一言もの申す

クラウド事業で競合相手と手を組むマイクロソフトの狙い

松岡功 2014年07月08日 13時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Microsoftがクラウド事業で競合相手と幅広く手を組み始めている。その狙いはどこにあるのか。

Oracle、SAP、Salesforce.comと相次いで提携

 「クラウド事業では競合相手とも幅広く手を組む必要がある」――日本マイクロソフトの樋口泰行社長は7月2日、同社が開いた2015年度(2014年7月~2015年6月)の経営方針に関する記者会見でこう語った。樋口氏が特にその対象として挙げたのは、パブリッククラウドのIaaS/PaaS型サービス「Microsoft Azure」である。


日本マイクロソフト 代表執行役 社長 樋口泰行氏

 実際、Microsoftは2013年来、米Oracle、独SAP、米Salesforce.comといった競合と相次いで戦略的提携を結び、Azure上で各社の製品やサービスを利用できるようにしつつある。

 では、なぜMicrosoftは競合相手と幅広く手を組もうとしているのか。樋口氏によると、それは今年2月に米国本社の最高経営責任者(CEO)に就任したSatya Nadella(サティア・ナデラ)氏が打ち出した方針にあるようだ。

 Nadella氏はクラウド事業について「クラウドファースト」を明確に掲げ、Azureについても今年4月に冠名を「Windows」から「Microsoft」に変更して、Windowsにこだわらないクロスプラットフォーム戦略を打ち出した。

 さらにNadella氏は最近、「Usage」という言葉にこだわっているとか。直訳すれば使用法あるいは使用率だが、樋口氏曰く「使ってもらってなんぼ」という意味だそうだ。この「使ってもらってなんぼ」という考え方が、Azureでは冠名の変更に反映され、競合相手とも幅広く手を組む動きにつながっているようだ。

 どういうことかといえば、「使ってもらってなんぼ」のサービスにするためには、まず使いやすいものでなければならない。クラウドサービスとしてさらに使いやすいものにするためには、Windowsにこだわらないクロスプラットフォームのほうがいいし、ユーザーが求める製品やサービスも合わせて利用できるようにしたほうがいい。それがたとえ競合相手のものでもだ。

 日本マイクロソフトの幹部によると、かつてクラウドサービスも担当したことがあるNadella氏は、Azureを「何でも載せられるクラウドプラットフォーム」にしたいと考えているという。

宿敵AmazonとGoogleの勢いをそぐ狙いも

 つまりは、ユーザーにとっての使いやすさの追求が、競合相手と幅広く手を組もうとしている狙いというわけだが、その裏側にはAzureを取り巻く競合状況をにらんだMicrosoftのしたたかな思惑もありそうだ。

 MicrosoftがAzureを取り巻く競合として強く意識しているのはAmazonとGoogleだ。同社がこの2社と大きく異なるのは、「クラウドOS」という戦略を打ち出している点だ。

 クラウドOSとは、ユーザー企業が所有するオンプレミスを含めたプライベートクラウド、サービスプロバイダーが提供するパートナークラウド、そしてMicrosoftが提供するパブリッククラウドに対して、一貫したプラットフォームを提供しようというものである。

 この戦略は取りも直さず、Windows環境においてすでに多くのオンプレミスユーザーを保有し、多くのパートナーからなるエコシステムを形成しているMicrosoftの強いアドバンテージとなるところだ。それに加えて、OracleやSAPとはクラウドでもパートナーシップを強め、クラウドサービス専業最大手のSalesforce.comとも新たに手を組んだというのが今の状況だ。

 こうしたMicrosoftの取り組みがきっかけとなって、今後はパブリッククラウド市場でもIaaSを含めたPaaSがクラウドプラットフォームの主戦場となり、さらにはその上で利用されるSaaSの群雄割拠時代が訪れるかもしれない。

 Microsoftにとっては、そうして戦う“土俵”を変えることが、今のAmazonとGoogleの勢いをそぐ有効な手段ともなり、ひいてはクラウド時代の覇者へと上り詰めるシナリオが描けるようになるだろう。Nadella氏の登場でMicrosoftのクラウド戦略はかなり柔軟性を帯びてきたようだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]