ハッキング経済--サイバー犯罪のコストはどのくらい? - (page 2)

Violet Blue (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2014年07月09日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 だが、独自に行われた調査のうち、企業が支払うコストについて最も深く掘り下げているのは、Ponemon Research Instituteの「2013 Cost of Data Breach: Global Analysis」(2013年版データ漏えいのコスト:グローバル分析)だろう。

 全世界を対象としたこのベンチマークレポートは、Symantecによって実施され、IBMがスポンサーとなっている。このレポートは9カ国を対象としたもので、平均的なデータ漏えいの全体的なコストを求めようとしている。

 このレポートによれば、データ漏えいに関する通知コスト、事後対応コスト、機会損失費用が最も高いのは米国の企業だ。

 コストの推計やその違いには、さまざまな要因がある。このベンチマークレポートでは、データ漏えいによって企業に生じるコストには、主に検知または発見のコスト、エスカレーションのコスト、通知のコスト、そして事後対応のコストの4種類があるとしている。

 企業がさらされる攻撃や脅威は、業種によって違いがある。一部の業種は、ほかと比較して価値の高いデータを持っているためだ。漏えいがあった企業にはまた、データ保護関連の規制や法律に従って、さまざまな罰金が科せられる。

 インシデント対応コストには、データ漏えいインシデントの検知およびエスカレーションに関するコスト(例えば捜査および調査業務、被害の評価や監査、危機管理チームの管理)、および経営幹部や役員会へのコミュニケーションコストや報告コストなどがある。

 さらに、通知コストがある。これは、被害者に個人情報が漏えいしたことを伝えるコストだ。これには、連絡用データベースの作成、規制で求められるすべての要件の決定、消費者保護に必要なサービスへの関与(ID盗難保護サービスやクレジット使用レポート監視など)、郵送費、郵便や電子メールの差し戻しがあった場合の二次的連絡先の設定、および会社への問い合わせに関するすべてのIT業務が含まれる。

 もちろん弁護士費用も必要だ。クレジットカードの交換などに対する補償費用も必要になる。また、機会損失費用も考える必要があり、これには顧客の流出や、「顧客獲得費用の増加、評判の低下、信用の低下」なども含まれる可能性がある。

  このように、当機関の調査は、データ漏えいインシデントに伴うマイナスの宣伝効果によって、評判が著しく損なわれたり、新規顧客獲得ペースの激変または低下が起きる可能性があることを示している。

 Symantecの2014年のレポートによれば、2011年にはデータ漏えいインシデントで2億3200万件のIDが流出した。そして、2003年にはこの倍以上の5億5200万件が漏えいしている。2013年には、1000万件以上のIDが流出したインシデントが8件起こっている。

 このレポートによれば、レコード1件当たりの漏えいによる平均コストは130ドルから136ドルに上昇しているが、「ドイツと米国の組織ではそれぞれ199ドルと188ドルで、より高額だ」という。

 このレポートでは「保護されている個人情報の喪失または盗難を経験した企業について」、16業種277企業を対象に調査している。

  重要なのは、この調査で示されているコストが仮定のものではなく、実際のデータ漏えいインシデントから得られたものであることだ。

  ここには、10万件を超えるデータ漏えいを起こした組織は含まれていない。これらは一般的なデータ漏えいを代表するものではなく、調査対象に含めてしまうと結果がゆがめられてしまうためだ。

  (中略)この調査におけるデータ漏えい1件の平均コストは、最悪のケースや巨大なデータ漏えいには適用できない。これは、それらの漏えいは多くの組織が経験する典型的なものとは言えないためだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]