デジタルコンテンツ保護市場は23.6%増--ITRのエンドポイントセキュリティ市場調査

ZDNET Japan Staff

2014-07-09 18:35

 ITRは7月9日、エンドポイントマルウェア対策、ディスク暗号化、DLP(Data Loss Prevention)、IRM(Information Rights Management)など全8分野を対象として、国内28ベンダーへの調査に基づく市場動向と分析をまとめた市場調査レポート「ITR Market View:エンドポイントセキュリティ市場2014」を発刊した。


 レポートの主なトピックは以下の通り。

  • エンドポイントマルウェア対策:2013年度もモバイル向けと仮想環境向けのマルウェア対策、アプリケーション制御が高成長を維持
  • ディスク暗号化:2013年度ウインマジックの躍進で市場は21.2%の大幅増、2014年度も高成長を維持する見込み
  • DLP:2013年度はシマンテックの大幅な売上減で市場は18.6%減と大幅な縮小
  • IRM:大口案件の増加で、2013年度の市場は23.6%増と大幅に拡大

 今回のレポートで大きな動きを見せたのはIRM製品。機密性の高いデジタルコンテンツを保護するための技術として数年前から注目を集めており、大手製造業中心に導入が進んできた。同市場のプレーヤーとしては、Officeとシームレスに利用できる点が強みのMicrosoftと、大手製造業で豊富な導入実績を持つ日立ソリューションズが激しいシェア争いを展開しており、市場の伸びを牽引している。

 2013年度には金融業や公共部門での新規導入が進んだことにより、同市場の2013年度の売上金額は17億3000万円、前年度比23.6%増の大幅な伸びとなった。グローバル化を志向する製造業において、CADファイルの保護などで注目度が高まっていることから、2014年度も引き続き同21.4%増の大きな伸びを見込んでいる。2013年度から2018年度までの年平均成長率(CAGR)は15.1%と、高い伸びを予測している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]