編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ミラクル・リナックスを子会社化--ソフトバンク・テクノロジー

NO BUDGET

2014-07-09 18:55

 ソフトバンク・テクノロジー(SBT)は7月8日、ミラクル・リナックスの4640株を取得する資本提携を締結し、子会社化すると発表した。株式取得後のSBTの議決権所有割合は58.0%になる。株式の譲渡実行日は7月31日。

 今回の提携は、各社がそれぞれ持つオープンソースソフトウェア(OSS)のノウハウを持ち寄り、顧客に向けてOSSを活用した先進的なサービスを提供することが目的。

 ミラクル・リナックスはOSSに関する技術力を持ち、これはSBTとSBTの各グループ企業の事業との親和性が高い。特に、今後需要拡大が見込まれるIoT(Internet of Things)、M2M(Machine to Machine)やクラウド事業の分野において先進的で付加価値の高いサービスが提供できると見込み、技術提携を結んだ。新たなサービスや事業の展開も視野に入れる。

 ミラクル・リナックスは、これまで通りベンダー中立の立場でパートナー各社の支援を継続し、新たなビジネスを展開するとしている。

 今回の資本提携で進める具体的な事業は次の通り。

・組込み/デジタルサイネージ分野

 SBTグループ会社のノウハウを集め、IoT/M2M市場に向けた製品やサービスを提供する(セキュリティ、OS、ミドルウェア/アプリケーション、Webサービス、データ分析、フォントなどのソリューション)。IVI(In-Vehicle Infotainment:車載インフォテイメント)メーカーに向けた顧客アプローチの拡大も狙う。

・クラウド分野

 エンタープライズ向け統合運用管理ソリューションのノウハウをミラクル・リナックス製品「MIRACLE ZBX/Hatohol」に取り込み、統合運用管理に向けたOSSエコシステムを構築する。

・Linux/OSS分野

 ミラクル・リナックスが持つLinux/OSSの技術をSBTのソリューションと組み合わせ、応用技術範囲を拡充する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]