編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

タブレット出荷台数、1~3月も200万台突破--法人向けが大幅に増加

NO BUDGET

2014-07-10 17:30

 IDC Japanは7月10日、国内タブレット端末の2014年第1四半期(1~3月)の出荷台数を発表した。電子書籍端末を除いた1~3月の国内タブレット端末の出荷台数は、前年同期比12.3%増の212万台となり、四半期ベースでは前四半期(2013年10~12月)に引き続き2期連続して200万台超の出荷実績となった。

 プラス成長の主要因として、法人向け出荷台数が大幅に増加し、特にWindowsシリーズ端末の出荷がビジネス向けに好調であったこと、NTTドコモ向け4G回線付きAndroid端末の販売が安定して推移していることを挙げている。

 1~3月は、個人向けタブレットの出荷台数が前年同期比9.1%減の142万台。好調を維持している法人向けタブレットは前年同期比115.9%増の70万台となった。

 ベンダー別出荷台数シェアは、「iPad Air」を中心として堅調なAppleが41.5%を獲得して第1位を維持。法人市場向けに対してWindowsタブレットの出荷台数を大きく伸ばしたMicrosoftが12.3%を獲得して、前四半期から1つ順位を上げて第2位となった。

 個人向けAndroid端末の出荷台数が伸び悩んだASUSは、9.7%で順位を1つ下げて第3位、4G回線付きAndroid搭載の端末で出荷台数を伸ばしている富士通が第4位、そしてケーブルテレビ(CATV)放送向けの低価格Androidタブレットを出荷した中国ベンダーの華為技術が初のトップ5入りを果たした。

 IDC Japan PC,携帯端末&クライアントソリューション シニアマーケットアナリストの木村融人氏は、こう分析している。「6月以降、NTTドコモがiPadの販売を開始したため、国内タブレット端末市場でのiOS占有率はより上昇する可能性が高い。法人市場では、教育や流通小売りの各分野で需要が拡大していく可能性が高い」

国内タブレット端末出荷台数のベンダー別シェア
1~3月の国内タブレット端末出荷台数のベンダー別シェア(IDC Japan提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]