ビジネスの課題解決にも役立つ「Raspberry Pi」--その活用法とは

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-07-15 07:30

 35ドルのLinuxコンピュータである「Raspberry Pi」が発売されたのは、子どもにプログラミングを教えるためだったかもしれないが、このクレジットカードサイズのボードは次第に、企業がカスタムメイドの機器を構築するのに使われるようになっている。

 IBMやThe Financial Timesといった多種多様な企業が、特定のビジネス課題の解決を目指す特別なシステムを動かすためにRaspberry Piを使っている。

 The Financial Timesでは、開発運用連携(DevOps)チームが同社の自動インフラモニタリングソフトウェアから送られてくる情報に飲み込まれていた。同社のサーバ上で稼働しているソフトウェア「Nagios」は、ディスクやCPUの使用状況からHTTPトラフィックまで、さまざまな可変要素をモニタリングしており、こうした可変要素のどれかの状況が変わるたびにチームに電子メールが送られてくるようになっている。

 困ったことに、こうした可変要素は頻繁に変動するため、チームは電子メールの多さに動きが取れなくなり、Nagiosからのメッセージを無視し始めた。

 サーバの異常をもっと分かりやすい方法で検知することが必要になったDevOpsチームは、Raspberry Piを頼ることにした。チームは1台のRaspberry Piを使って、各サーバの状態に応じて、LEDストリップの色が変わるようなシステムを稼動させた。緑、オレンジ、黄、赤、赤の点滅はそれぞれ、OK、不明、警告、危険な状態、30分以上にわたる危険な状態を表す。このシステムは60個のRGB LEDが取り付けられた柔軟性のあるストリップを使って作られており、そこに組み込まれたマイクロコントローラがRaspberry Piに接続されている。このRaspberry Piでは、Nagiosから送られてくる通知をモニタリングする、さまざまなPythonスクリプトを実行している。このシステムの構築方法についての詳しい情報は、こちらから入手できる

The monitoring system made by the FT.
The Financial Timesが作成したモニタリングシステム
提供:The Financial Times

 一方IBMは、例えば工場の生産ラインをモニタリングするシステムの構築など、顧客向けの概念実証システムを1つにするためにRaspberry Piを使っている。デモンストレーション用のシステムを構築するにあたっては、「Arduino」ボードをウェブカメラや、温度、気圧、湿度のセンサと接続するために、Raspberry Piボードを使い、モノのインターネットのためのイベント処理エンジン「Node-RED」を稼働させている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]