セキュリティは標準アプリのみ、現場の意見がポリシーに反映されず--BYOD実態

山田竜司 (編集部) 2014年07月14日 14時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェブルートは7月11日、社員の私物端末の業務利用(BYOD)の調査結果を発表した。BYODの実態を企業側と社員双方の視点から調査している。セキュリティアプリケーションを追加実装している割合は19%、64%はデバイスの標準装備のセキュリティのみ活用しているなどの結果が出た。

 調査は、IT管理者がBYODの危険性をどう見ているか、モバイルに対するセキュリティポリシーの施行例、社員の意見はBYODポリシーにどの程度反映されているかなどを聞いた。調査結果の概要は以下の通り。

  • 企業の98%がモバイルによる企業情報へのアクセスに関わるセキュリティポリシーを策定しているが21%はセキュリティなしのアクセス許可をしていた
  • IT管理者の60%以上が自社の社員が個人所有のデバイスを仕事で使用していると回答したが、58%はセキュリティリスクについて「とても」あるいは「非常に」心配していると答えた
  • 社員のデバイスはセキュリティを欠き、セキュリティアプリケーションをフルに装備していたのは19%にすぎず、64%はデバイスの標準装備のセキュリティしか活用していなかった
  • 企業の60%以上はモバイルデバイスのセキュリティポリシーへの社員の意見を求めていたが、同時に60%以上が社員の意見はほとんど反映されていないと回答した
  • 企業から提供されるセキュリティアプリケーションに対する最も大きな懸念は企業が個人情報にアクセスする、個人情報を自由に消去する、デバイスの所在場所を検知しているなどであった。その他としてデバイスのパフォーマンスの低下やバッテリの消費量の増大などが挙げられた
  • 社員の46%は企業が仕事用に指定のセキュリティアプリケーションをインストールさせた場合、個人所有デバイスの仕事での使用を中止すると回答した

 調査は「BYODの企業と社員のギャップ」と題し、米国の会社員2000人、モバイルセキュリティのポリシー策定に従事するIT管理者205人を対象に実施された。

 ウェブルートは、BYODセキュリティ管理手順を策定するにあたり、企業と社員間で適切にコラボレーションが取られていないと指摘。「社員のモバイルデバイスへのパスワード機能がついた保護」「BYODについての社員教育」「セキュリティ施策の際のユーザーへの事前告知」「モバイルセキュリティのポリシー策定」 などを推奨している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算