データディスカバリツール「SAP Lumira」新版--HTML5で表示、クラウドで共有

NO BUDGET

2014-07-17 07:30

 SAPジャパンは7月16日、データディスカバリツール「SAP Lumira」の新版の提供を開始した。企業でのデータ分析や活用がよりシンプルになるという。

 Lumiraは、データを可視化し、直感的にデータを分析できるというソフトウェア。ユーザーのローカル環境に保存されたExcelファイルやCSVなどのテキストファイル、インメモリの「SAP HANA」をはじめとする主要なデータベースに対応する。

 これらのデータソースから読み込んだデータを加工しながら、グラフやインフォグラフィックをドラッグ&ドロップの簡単な操作で作成できるという。シンプルなユーザーインターフェース(UI)となっており、専門的なITの知識がなくても簡単にデータをビジュアル化でき、現場のエンドユーザー自身によるセルフサービスのデータ活用を促進する。

Lumiraイメージ画面
Lumiraイメージ画面(SAPジャパン提供)

 従来のデータディスカバリツールでは、IT部門の統制が及ばない、“バリデーション”されていないデータが増殖することが課題となっていた。新版のLumiraでは、ビジネスインテリジェンス(BI)ソフトウェア「SAP BusinessObjects」が長年培ってきたBI基盤との連携をサポートし、扱うデータをBusinessObjectsのプラットフォーム上で統制、管理できる。

 企業全体でデータの統制を保ちながら、ビジネスユーザーが簡単にデータを活用できるという。予測分析ソフトウェア「SAP InfiniteInsight」との連携もサポートし、Lumiraから予測分析を実行できる。分析しビジュアル化したデータをもとに、ストーリーボードと呼ばれるプレゼンテーション用の資料も簡単に作成できるとしている。

 Lumiraでビジュアル化したデータやストーリーボードなどは、クラウド「SAP Lumira Cloud」やオンプレミスのサーバ「Lumira Server」で簡単に共有でき、ブラウザ上からビジュアル化したデータを呼び出せるようになっている。HTML5で表示されるため、モバイル端末のブラウザからも確認できる。

 Lumiraは、Excelファイルとテキストファイルのみをデータソースとしてローカル環境だけで利用する場合は、無料でダウンロード、利用できる。Lumira Cloudは1Gバイトまでの容量であれば無料でアカウントを開設し、利用できる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]