編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

消費税引き上げ後も順調な小売株

ZDNet Japan Staff

2014-07-17 11:15

 いよいよ3月期決算企業の第1四半期(4~6月期)決算発表が始まる。4月1日から消費税が引き上げられた影響がどう出ているか注目だ。イメージをつかむために少し参考になるのが、既に出揃っている2月期決算の小売業の第1四半期(3~5月期)業績だ。

大手小売業には今期最高益更新を予想する企業が多い

 小売業というと、「少子高齢化が進む日本の内需産業で、成長性が期待できない」というイメージを持つ人が多いだろう。ところが、意外にも大手小売業には、最高益を更新中の銘柄がたくさんある。

 以下の表は、2月決算小売業大手9社の第1四半期業績を示している。この9社は、いずれも会社予想ベースで2015年2月期に営業最高益を更新する見込みだ。ただし、第1四半期の実績が低くて、既に通期計画達成が難しくなってきているところもある。

2月決算小売大手9社の営業利益:通期予想と第1四半期実績(金額単位:億円)



 楽天証券経済研究所のチーフストラテジスト窪田真之氏は、イオン(8267)は、消費税引き上げ後の利益低下が大きく、第1四半期での進捗率は11.2%と低いので、通期計画の達成は難しくなってきたと分析している。しまむら(8227)は、もともと通期計画が強すぎたので、第1四半期の実績はまずまずながら進捗率は17%と低く、通期計画は達成が難しくなってきているとのことだ。

 一方、エービーシー・マート(2670)やニトリHLDG(9843)は、進捗率が高く、通期計画を超過達成する可能性が高まった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]