編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
Microsoft WPC 2014

ナデラCEO舵取りのゆくえは--WPC 2014の全体像を画で見る - 20/30

怒賀新也 (編集部)

2014-07-23 07:30

日本マイクロソフトのサーバープラットフォームビジネス本部の本部長で業務執行役員を務める佐藤久氏は今、WPC 2014の印象として「サーバビジネスに関するパートナーのランドスケープが変わった。

今は、競合関係にあるはずのOracleやSAP、EMC、NetApp、Ciscoなどとパートナーシップを組んでいる」と話す。

従来は、さまざまな組織が製品にひもづいており「Microsoftに居た時間が長ければ長いほど、製品でモノを考えるようになっている。だが顧客はクラウドでどんなビジネスができるかを考えており、そのような問い合わせが多くなっている。(インフラを示す)IaaSといった言葉が顧客から聞かれなくなった。次のフェーズで何をするかが重要になってきている」と指摘した。

日本マイクロソフトのサーバープラットフォームビジネス本部の本部長で業務執行役員を務める佐藤久氏は今、WPC 2014の印象として「サーバビジネスに関するパートナーのランドスケープが変わった。

今は、競合関係にあるはずのOracleやSAP、EMC、NetApp、Ciscoなどとパートナーシップを組んでいる」と話す。

従来は、さまざまな組織が製品にひもづいており「Microsoftに居た時間が長ければ長いほど、製品でモノを考えるようになっている。だが顧客はクラウドでどんなビジネスができるかを考えており、そのような問い合わせが多くなっている。(インフラを示す)IaaSといった言葉が顧客から聞かれなくなった。次のフェーズで何をするかが重要になってきている」と指摘した。

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]