団結か共倒れか--RSA会長が力説する「ネット活動規則」の重要性

鈴木恭子 2014年07月23日 15時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 情報セキュリティの総合カンファレンス「RSA Conference Asia Pacific & Japan 2014」が7月22~23日、シンガポールのマリーナ・ベイ・サンズ・カンファレンスセンターで開催された。2月に米国で開催された「RSA Conference 2014」をもとにアジア太平洋地域の企業などが関心を持つテーマを盛り込んだ内容となっている。

 期間中は、11のキーノートセッションや54のトラックセッションをはじめ、RSAやCisco Systems、Juniper Networks、Verizonなど約40社が出展し、製品を紹介した。日本からは100人以上が参加したという。

テーマは「Share. Learn. Secure.」
テーマは「Share. Learn. Secure.」

安全なデジタルワールドのための4つの活動規則

 今回のカンファレンスのテーマは「Share. Learn. Secure.」だ。国境を越えて繰り広げられるサイバー攻撃に関する情報を世界規模で共有し、その対策を学ぶことで強固なセキュリティ環境の構築を目指す。

 初日は、EMCのエグゼクティブバイスプレジデントであり、RSA部門のチェアマンも務めるArt Coviello氏が「United We Stand, Divided We Fall(団結すれば栄え、分裂すれば倒れる)」をテーマに基調講演に登壇した。

Art Coviello氏
EMC エグゼクティブバイスプレジデント兼RSA部門 チェアマン Art Coviello氏

 Coviello氏は、「インターネットの登場で情報がデジタル化したことで、世界中の人々が縦横無尽に接続できようになった。また、近年のクラウドコンピューティングやモバイル技術により、その接続性は加速している。経済分野でも、かつてないほど複雑に相互依存している」と指摘、「デジタルワールドでは、国境や地域、国民性などの区別はない。しかし、われわれは既存の“境界線”にとらわれ、デジタルワールドでのルールを曖昧にしている」と述べた。

 世界規模で相互依存しているデジタルワールドでは、新しい「活動規則」の策定が急務であるという。現状ではその規則が確立されておらず、結果的にサイバー犯罪の増加や特定の相手を狙ったサイバー攻撃を引き起こしている。「活動規則を早急に策定しなければ、世界は共倒れになる」というのがCoviello氏の見解だ。

 実際、サイバー領域で米国政府は中国当局と対立している。デジタル情報の取り扱いについては、米国と欧州連合(EU)諸国の間で認識の違いがある。Coviello氏は「デジタルワールドの安全性を確立するためには、国家間を超えた協力と、政府機関や利用者の間でガバナンスを効かせることが不可欠だ」と主張した。

 具体的には(1)サイバー戦争放棄(ネットをサイバー戦争目的で利用しない)、(2)サイバー犯罪捜査への協力、(3)ネット上の経済活動の自由と知的財産権を保障、(4)個人プライバシーの尊重――という4つの規則を遵守すべきと主張した。

可視化、分析、プロアクティブな行動というアプローチ

 Coviello氏は、企業がサイバー領域の脅威から自社を守るためには、従来の個別予防策では不十分だと力説。「監視(モニタリング)」と「レスポンス」に軸足を移すべきだとし、その具体的な施策として「可視化」「分析」「プロアクティブな行動」がカギになるとの見解を示した。

展示会場
展示会場には約40社が出展。日本と同様にコンパニオンによる自社ブースへの誘導もチラホラ見受けられた

 可視化では、セキュリティリスクを棚卸しし、どこにどのようなリスクが潜んでいるかを可視化する。その上で、情報資産の価値を判断し、適切に対応することが必要であると指摘した。今後はアプリケーションのログデータレベルではなく、パケットレベルまでを可視化の対象とし、外部からアクセスされる可能性があるのかを詳らかにする必要があるという。

 分析では、米小売業のデータ流出事件を例に「可視化で得られたデータをもとに、通常とは異なるデータが発見されたときにはその原因を分析し、原因を追及することが重要である」と語った。

 プロアクティブな行動については、「サンドボックスやウイルス対策の導入、ゲートウェイの設置といった防御対策では現在の攻撃は守れない」とし、今後はコンテキスト(文脈による関連性)を理解し、包括的かつ予測的に防御する技術が必要であるとの認識を示した。

 同氏は、ビッグデータの活用はセキュリティレベルを向上させる「試金石」になっていると指摘。データを可視化し、分析し、その結果を踏まえてプロアクティブな行動を起こすという「インテリジェンス型セキュリティ戦略」を講じることができると指摘した。

マリーナ・ベイ・サンズ
会場となったシンガポールのマリーナ・ベイ・サンズ。ビル(ホテル)の最上階には全長150メートルのプールが乗っかっている。今や「マーライオンより有名な観光スポット」(シンガポール在住)という

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]