編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

セールスフォース、販促活動を支援する「Salesforce1 Sales Reach」を発表

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-07-25 12:39

 Salesforceは米国時間7月24日、Pardotの見込み客評価格付けシステムと「Salesforce」製品を統合した新サービス、「Salesforce1 Sales Reach」を開始すると発表した。

 Pardotは2007年創業で、HPが2013年に買収を完了したExact Targetの傘下にある。Salesforce1 Sales Reachは、「Sales Cloud」、「Pardot」、「Communities」を組み合わせることにより、販売担当者がマーケティング内容に対する見込み客の反応を個別に追跡して、適切な販促活動を行うことができるようにする。

 新システムの目的は、企業や販売部門が「ワンクリックバイヤーの概念」を目指せるようにすることにある。同社のSales Cloud製品マーケティング担当シニアバイスプレジデント、Mark Woolen氏によると、消費者にメッセージから一気に購入してもらうツールの1例としてAmazonの「Fire Phone」が挙げられるという。新サービスでは、販売担当者が独自の販促活動を作成し、マーケティング担当がそれを確認して改善することにより、両者の協力関係を蜜にする効果が期待できる。同氏は、「消費者と同様、販売担当者に対しても、モバイル機器を積極的に活用する世界で支援したいと考えた」と述べた。

 Salesforce1 Sales Reachの特色には、見込み客との1対1の電子メール販促活動、モバイルアプリ上での即時通知、36時間の見込み客追跡とドリルダウン可能なダッシュボード、数クリックで販促情報を送信できるモバイル販促機能、見込み客と販売担当者のコミュニティー機能などが含まれている。

 Salesforce1 Sales Reachとは2015年前半に提供される見通しで、価格もその頃に発表される。現時点で利用できるサービスとして、Sales CloudはProfessional Editionで1ユーザーあたり月額65ドル、Pardotは最大1万コンタクトで月額1000ドルからとなっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]