編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

「Maps Engine Pro」で「Google Maps Coordinate」が利用可能に

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-07-25 15:15

 「Maps Engine Pro」のサブスクリプションを購入するだけで、「Google Maps Coordinate」が利用できるようになった。モバイル向け、およびウェブ向けのアプリであるGoogle Maps Coordinateは、チーム内での仕事の割り当てや、現在位置の共有がリアルタイムでできるというもの。

 料金はユーザーごとに1カ月5ドルからとなっている。また、当該機能を利用するうえで「Google Apps」の有料顧客になる必要はない。必要なのはGoogleアカウントだけだ。

 「Google Maps for Business」チームのプロダクトマネージャーであるJen Kovnats氏は米国時間7月24日朝のブログ投稿で、Maps Engine Proを利用するチームが、クラウドベースのマッピングプラットフォームの使用によって、チーム内でのコラボレーションや生産性をいかに向上させられるのかについて言及している。

 同氏は「例えば、ビル管理会社はメンテナンスを請け負っているビルを地図上で管理しておき、メンテナンス依頼が発生した際、そのビルに最も近い場所にいる作業員に仕事を割り当てることができる」と記している。

 16日には、Google Maps for Businessのユーザーが「Google Earth」の航空写真を利用できるようになった。

 企業は、Googleの「Google Maps JavaScript API v3」を使用したウェブアプリとの統合や、ネイティブのモバイルアプリやウェブサイトでの閲覧用など、さまざまな方法でコンテンツを実装できる。

 Google Mapsは2013年10月にMaps Engine Proを公開し、事業主や従業員が社内または社外で使用するカスタムマップを作成できるようにすることで、法人をより重視するようになってきている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]