編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら
栗原潔「テクノロジーの先行き」

「モノのインターネット」--定義はどこまで拡散するのか - (page 2)

栗原潔 (テックバイザージェイピー)

2014-08-13 07:00

 確かに、ウェアラブルの領域では、従来はネットワークに接続されていなかったモノ(時計やメガネ)に、コンピューターが内蔵されてインターネットに接続されると考えることもできるが、どちらかと言うとモバイル機器の周辺機器として捉えるべきではないだろうか。いわば、モノというよりも人に近い領域だ。

 モノや人を含むあらゆるものがインターネットに接続してやり取りを行う形態を表現するには、IoE(Internet of Everything)という言葉を使うべきであるではないかと筆者は考えている。IoEは元々Cisco Systemsが提唱した概念であるが、IoTという言葉が無制限に拡大していくことを防ぐ「防波堤」として有効かもしれない。

 いずれにせよ、当面の間、IoTを議論する際には、その時点で議論の対象となっているIoTの定義を確認してから議論を進めることが、議論の拡散を防いで身のある議論をするために重要だろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]