編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

お勧めのLinuxデスクトップ環境6選--「KDE」から「LXDE」まで - (page 2)

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-07-31 07:30

Cinnamon 2.0

 筆者の一番好きなデスクトップはCinnamonだ。このデスクトップ環境はGNOMEのフォークとして始まったが、その後、それ以上のものになった。


 筆者がCinnamonで気に入っているのは、筆者が思うに「Windows XP」とGNOME 2.xのインターフェースが完璧な形で融合されていることだ。その結果、完璧なWIMP(ウィンドウ、アイコン、メニュー、ポインター)が実現している。昔気質かもしれないが、筆者はこれが最高のデスクトップインターフェーススタイルだと今でも思っている。

 Cinnamonを試す最高の方法は、「Linux Mint」をインストールすることだ。

MATE 1.8

 GNOME 2は好きだがGNOME 3が嫌いなのは、MintとUbuntuの開発者だけではなかった。MATEのプログラマーたちは、ほかでもないGNOME 2の開発を続ける道を選択した。


 Cinnamonと同様、MATEの外観もGNOME 2.xと非常に似ている。主な相違点は目に見えない部分にある。MATEはCinnamonよりローエンドのハードウェアで動作するように設計されているので、古いPCを使っている人にとっては、より理想的な選択肢だ。

 試してみたい人はいるだろうか。MATEを試すのに適したディストリビューションには、Arch LinuxやLinux Mint、「PCLinuxOS」「Sabayon」などがある。

LXDE 0.6.2

 KDEやGNOMEファミリーのほかにも、Linuxデスクトップ環境はたくさんある。その中でも、筆者が特に気に入っているのは「LXDE」だ。


 筆者がLXDEを気に入っているのは、従来のデスクトップの利点の多くを低性能PCで利用できるようになるからだ。そして非常に使いやすい。

 したがって、まだ廃棄したくない古いコンピュータがあるのなら、軽量のLinuxディストリビューションである「KNOPPIX」か「Lubuntu」のいずれかでLXDEを試してみてほしい。きっと楽しい時間を過ごせるはずだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]