編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

クリックテック、新BIツール群「Qlik Sense」--PC向けを無料で提供

NO BUDGET

2014-07-30 06:30

 米QlikTechは7月24日、ビジネスインテリジェンス(BI)ツールの製品群「Qlik Sense」を発表、その第1弾としてクライアントPC向け「Qlik Sense Desktop」の提供を開始した。サイトから無料でダウンロードできる

 Qlik Senseについて日本法人は、データの視覚化やダッシュボード、ビジュアルなレポート作成を短時間で行いたい、というエンドユーザーの要望に応える次世代のデータビジュアライゼーション、データ探索プラットフォームになると表現している。QlikTechは、以前から「QlikView.Next」と称して次世代製品の開発プロジェクトを進めており、Qlik Senseは同プロジェクトから初めて一般向けに提供される製品になる。

 Qlik Sense Desktopは、ユーザーを念頭においた真のセルフサービス型BIを実現したものと説明する。初めて使う人でも手元にあるデータを簡単に取り込むことができ、その機能と操作性の良さを実感してもらえる製品という。

 ビジネスの現場にいるエンドユーザーが自らドラッグ&ドロップだけでインタラクティブなグラフやチャート、レポートやダッシュボード画面を短時間で作成できる。エンドユーザーが自分で作成、構築したビジュアライゼーションアプリケーションは、ローカルに保存しておけば、他のエンドユーザーと共有し、開くこともできる。

Qlik Sense Desktopの画面イメージ
Qlik Sense Desktopの画面イメージ(クリックテック・ジャパン提供)

 初心者でも、Excel形式のファイルをアプリケーションにドラッグする、あるいは企業内で使う複数のデータソースを指定するだけで、さまざまなシステムに散在するデータを統合してアプリケーションを開発できるとしている。ODBC準拠データベースからもデータを取り込める。

 Qlik Sense Desktopには、QlikTechのインデックスエンジンと連想技術がコアに据えられているため、エンドユーザーは新たなビジュアライゼーションを改めて作る必要がなくデータを動的(自由)に探索でき、データに対してどんな質問でも投げかけられるという。

 新製品は、法則を見つけ、プレゼンテーションの形で共有できる。複数の利用者がコメントや説明を加えることができる。プレゼンテーションから直接Qlik Senseのデータソースに戻ることもできるため、プレゼンテーションに表示されたデータに対する疑問を投げかけられても、瞬時に答えられるとしている。

 ほかのすべてのQlik Sense製品群の一般公開は9月を目指しているという。Qlik Senseは、サーバベースの製品群となるため、あらゆるデバイスからアクセスしてサーバ上でアプリケーションを開発でき、モバイル端末での柔軟な利用、コラボレーションと共有、カスタム開発、データ統合を実現するという。エンドユーザーに自由度を提供するだけでなく、企業向け機能として重要なデータのセキュリティやアプリケーションのガバナンスも備えるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]