編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

IBM、GLOBALFOUNDRIESへの半導体事業売却交渉が決裂

Colin Barker (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-07-30 10:23

 米国時間7月26日付けのBloombergの報道によると、IBMがGLOBALFOUNDRIESに対して進めてきた半導体製造事業の売却交渉が25日に決裂した。GLOBALFOUNDRIESは、半導体製造設備よりもむしろ、先端的工学技術や知的財産権の獲得に関心をもって、交渉に臨んでいたという。

 IBMはGoldman Sachsを通じて赤字の同事業の売却先や提携先を探していると、2月に報じられていた。

 IBMの最高経営責任者(CEO)のVirginia Rometty氏は、伝統的なハードウェア事業より利益率の高いクラウドコンピューティングや認知コンピューシング事業のWatsonの研究開発に重点を移している。そのため、半導体事業撤退は、x86製品事業を23億ドルでLenovoに売却合意したように、Rometty氏にとっては合理的行動のように思える。

 しかし、IBMは半導体技術の開発には関心を持ち続けており、今後5年間にクラウドコンピューティングやビッグデータに対応できるプロセッサ開発を計画しているうえ、ポストシリコン時代の半導体チップ材料の研究にも余念が無い。

 IBMとGLOBALFOUNDRIESはコメントを差し控えている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]