編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
トップインタビュー

楽天証券の楠社長--システムは5年後の安定稼働も担保 - (page 3)

大西高弘 怒賀新也 (編集部)

2014-07-31 11:45

ITや証券ビジネスの発想にはとらわれたくない

 楠氏は、経営者としてのモットーに「スピードとイノベーション」を挙げる。

 「この業態の企業は、経営のスピードが落ちることは許されない。収益を上げる分野を素早く見極め、そこを拡充していかないと生き残れない。新しい考え方をどんどん導入し、イノベーションを実現しなくては成長の機会を逸する。そこには新しいテクノロジも含まれるでしょう」

 では、成長分野をライバルよりも素早く見極め、イノベーションを繰り返していくには、何が必要なのだろうか。この問いに楠氏は次のように答えた。

 「IT発想、証券ビジネス発想にこだわらないことでしょう。既成概念にとらわれないことが大切です。では、何をすればそういう発想が得られるかというと、お客様との対話だと考えています」

 顧客との対話から得られたイノベーションのためのアイデアを、慣れ親しんだ考え方によって疎外される危険がある。楠氏は、そんなリスクをも想定し、日々経営を進めている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]