編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

AMD、64ビット対応ARMチップ「AMD Opteron A1100」シリーズの開発キットを提供

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-07-31 13:12

 チップメーカーのAMDは米国時間7月30日、同社初の64ビット対応ARMチップ「Opteron A1100」シリーズ(開発コード名:「Seattle」)向け開発キットの提供を開始したと発表した。

 これにより、AMDは「Cortex-A57」ベースの標準サーバプラットフォームをソフトウェア開発者やインテグレーターに提供する初の企業となる。

 AMD Opteron A1100シリーズは以下をサポートしている。

  • ARM Cortex-A57コア(4コアあるいは8コア)
  • 共有L2キャッシュ(最大4Mバイト)、共有L3キャッシュ(8Mバイト)
  • 最高1866MT/秒の転送速度を有する、ECC搭載のコンフィギュレーション可能なデュアルDDR3あるいはDDR4メモリチャネル
  • SO-DIMMやUDIMM、RDIMM(最大4個)
  • PCI-Express 3.0(Gen 3)I/O(8レーン)
  • Serial ATA 3(SATA3)ポート(8基)
  • 10ギガビットイーサネットポート(2基)
  • セキュリティ向上のための「ARM TrustZone」テクノロジ
  • 暗号処理/データ圧縮用のコプロセッサ

 AMD Opteron A1100開発キットは、フォームファクタとしてMicroATXを採用しており、以下を含んでいる。

  • 4コアのAMD Opteron A1100シリーズプロセッサ
  • 16GバイトのDDR3 DRAMを搭載した2基のRDIMM
  • PCI Expressコネクタ(シングルポート8基もしくはデュアルポート4基として設定可能)
  • Serial-ATA(SATA)コネクタ(8基)
  • 標準電源との互換性
  • 標準的なUEFIブート環境
  • Red HatがスポンサーとなっているFedoraコミュニティーが有しているFedoraテクノロジに基づいたLinux環境
  • クロス開発バージョンを含む、標準的なLinux GNUツールチェーン
  • プラットフォームデバイスドライバ
  • 堅牢なウェブアプリケーションを開発するための、ウェブサーバ「Apache HTTP Server」とデータベースエンジン「MySQL」、スクリプト言語PHP
  • 開発者による64ビットARM環境での開発を可能にする、「Java 7」および「Java 8」

 開発キット一式は2999ドルで提供される。

 AMDのサーバビジネス部門のゼネラルマネージャーであり、バイスプレジデントであるSuresh Gopalakrishnan氏は「われわれのAMD Opteron A1100開発キットが広く利用可能になったことで、大規模データセンター向けのより効率的なインフラの構築に向けた道のりにおいて今日、大きな進展があった」と述べるとともに、「ファームウェアやOS、ツールのプロバイダーといったエコシステムの主要なパートナーに提供した上で、われわれはARMによるイノベーションがもたらすオープンなビジネスモデルに基づいてデータセンターを再定義するための、業界を横断した協力的な取り組みに踏み出そうとしている」と語っている。

 同開発キットは、ソフトウェア開発者やハードウェア開発者のほかに、大規模データセンターにおけるアーリーアダプターも利用でき、AMDのウェブサイトから申し込むことができる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]