CNET Japan Live 2014 Summer

M2Mが拓く新たな産業の姿とは--ドコモとNSWの見解

ZDNet Japan Staff 2014年07月31日 14時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月19日に「あらゆるモノがつながる世界~IoTが起こす新ビジネスイノベーション」をテーマにイベント「CNET Japan Live 2014 Summer」が開催された。

 「IoT時代M2Mが新たな産業の姿を拓く」をテーマにパネルディスカッションを実施したのは、NTTドコモのM2Mビジネス部 法人M2Mビジネス グローバルM2M推進担当課長の藤田大作氏と、日本システムウエア(NSW)のクラウドサービス部 M2M企画グループ リーダーの大野博隆氏だ。

NTTドコモのM2Mビジネス部 法人M2Mビジネス グローバルM2M推進担当課長の藤田大作氏
NTTドコモのM2Mビジネス部 法人M2Mビジネス グローバルM2M推進担当課長の藤田大作氏

 あらゆるモノがインターネットにつながる。実現すればその影響はさまざまな分野に及ぶ。クルマの革新やウェアラブルデバイスによる新たな可能性などだけではなく、ビル管理やゴミ処理といったネットワークとは無縁と思われていた領域にも根本的な変革が訪れるという。

 同セッションでは、NTTドコモとNSWの両社がIoT/M2Mの導入事例や通信キャリアとしての取り組みといった話を交え、産業に与えるインパクトを考察した。

 通信事業者のモバイル基盤を利用して、事業者がさまざまなM2M(Machine to Machine)サービスを展開できるようにするのが、ドコモのM2Mへの基本的な考え方だ。飲料の自動販売機や設備監視、ホームセキュリティ、車両管理、物流管理、オンラインゲーム、ヘルスケアなど、ネットワークが広がる潜在的な可能性は大きい。

 藤田氏は利用事例として、建設機械のコマツが世界で稼働する自社の機器の位置情報や走行距離、燃料消費量などの情報を集め、状況を監視した上で、マシンダウンの防止や精度の高い生産計画の立案を実現していることを紹介した。

ドコモはTesla Motorsとの提携を発表した
ドコモはTesla Motorsとの提携を発表した

 ドコモは6月10日に、Tesla Motorsと提携し、2014年夏以降に日本に納車する電気自動車「モデルS」にドコモのM2Mプラットフォームとデータ通信回線を提供する契約を結んだと発表。

 モノのインターネット(Internet of Things)の最先端事例と位置づけるモデルSは、大型の17インチディスプレイで、高解像度地図のカーナビゲーションやオンラインミュージックのストリーミングラジオなどさまざまな情報通信サービスを提供する。ドコモのM2Mプラットフォームが国内外の通信回線を一元管理できることが評価されたという。

 藤田氏はM2Mビジネスについて「さまざまな産業にまたがって新たな価値創造を可能にするもの。ビジネスのさまざまなルールを変え得るもので、かなりの伸び代がある」と強調した。

日本システムウエア(NSW)のクラウドサービス部 M2M企画グループ リーダーの大野博隆氏
日本システムウエア(NSW)のクラウドサービス部 M2M企画グループ リーダーの大野博隆氏

 一方、NSWの大野氏は、IoT時代M2Mが新たな産業の姿を拓くという講演テーマについて「M2Mによって、さまざまなビジネスがサービス化していく」との考えを示した。デバイスなどを売って取引が終了するというモデルから、デバイスを利用する際のメンテナンスやサービスを通じて利益を得るモデルが今後急速に増えるとの考え方だ。

 M2Mプラットフォーム「Toami」の事業展開で、NSWとドコモは3月に提携を発表。NSWが展開するM2Mビジネスは、例えば、ゴミ箱の利用状況を把握し、ゴミの収集タイミングを把握して効率化したり、橋の磨耗具合を管理したりといったもの。今後ますます、社会インフラを支える重要な役割を担うことが予想されている。

 大野氏は「これまでは、エレベーターの遠隔監視や自動販売機の売り上げや在庫集計などM2M導入による効果が明確な企業が主な顧客だったが、これが変わりつつある」と話す。最近は「ビジネスバリューに確信は持てなくても、データの有効利用は必須」と考える企業が導入を検討し始めているという。

 「われわれは多くのアイデアを、コストを抑えながら試せる基盤を提供できるので、ビジネスモデルの変革をぜひ手伝わせてほしい」と大野氏は自社の立ち位置を説明した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]