Google Atmosphere Tokyo

海外売上比率70%を目指すクボタ、Appsで基盤作り--賢くグーグルを使い倒す

大河原克行 2014年08月01日 19時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グーグルが「働き方の、これから。Transforming Work」をテーマに開催したプライベートイベント「Google Atmosphere Tokyo 2014」2日目の基調講演に、米Google エンタープライズ部門グローバルマーケティングシニアディレクターのChris Farinacci氏が登壇した。

米Google エンタープライズ部門グローバルマーケティングシニアディレクターのChris Farinacci氏が登壇
米Google エンタープライズ部門グローバルマーケティングシニアディレクターのChris Farinacci氏が登壇

 テーマは「Google エンタープライズの新しいステージ」。「ここ数年でコンシューマーで使われる技術がビジネスで使われる技術を上回るようになってきた。情報やデバイスを共有することが重視されている。こうした中で、Googleはモバイルアクセスを考慮して、技術やサービスを開発している。エンタープライズ領域においては、デバイス、アプリ、プラットフォームという3つの観点から最適なものを提供している」とした。

 デバイスについては、グーグルのシニアエンジニアリングマネージャー、及川卓也氏が「Chromebook」のデモを交えて説明。

従来のPC環境と仮想環境が同居

デバイスについては、グーグル シニアエンジニアリングマネジャー 及川卓也氏
デバイスについては、グーグル シニアエンジニアリングマネジャー 及川卓也氏

 「Chromebookは、Windows 7など従来のPC環境も仮想システム環境で利用できる。既存環境を交えて相互運用できることが特徴だ。また、ChromebookはTCO(総所有コスト)を大幅に削減できることも大きな特徴だ。120以上の管理ポリシーを用意したChrome管理コンソールによって、大量のChromebookを一括管理できる」などとした。

 ログオフをすると、Chromebook上のすべてのデータが消去されるといった管理ポリシーや、許可されているアプリ以外はインストールできないといった管理ポリシーを紹介。セキュリティ面や管理面での強みを強調した。「Chromebookは難しいのではないか、あるいは、心理面で導入できないと考えている人がいるかもしれないが、Chromebookの機能を知り、ぜひ導入検討してほしい」と呼び掛けた。

米Google エンタープライズ部門Devices for Workグローバルビジネス統括責任者のMike Daoust氏
米Google エンタープライズ部門Devices for Workグローバルビジネス統括責任者のMike Daoust氏

 また、米Google エンタープライズ部門Devices for Workグローバルビジネス統括責任者のMike Daoust氏は、7月30日に発表したばかりのChromebox for meetingsを紹介。「Chromebox for meetingsは、ファーストクラスのコミュニケーションができるものであり、どんな端末でもHD環境で利用でき、誰もが10分以内で設定できる。これまで投資がかかるとしてビデオ会議を敬遠していた経営者も簡単に導入できる」と訴えた。

 アプリケーションサービスでは、すでに500万社以上がGoogle Appsを利用していることを示しながら、米Google エンタープライズ部門マネージングディレクターのRahul Sood氏が「昨夜、Googleハングアウトをエンタープライズ向けに提供することを発表した」とコメントしたほか、毎月1億9000万人が利用しているというGoogle Driveについて説明。

 「仕事の仕方が変化するなかで、仕事がどこでもできること、さまざまなデバイスで利用できること、大量のデータにアクセスできることが求められている。だが、いつでもどこからでもファイルにアクセスすることは難しいという課題がある。また、IT管理における課題もある。そして、ファイル共有だけでなく、コラボレーションを加速するものでなくてはならない。こうした課題を解決するのが、Google Drive for Workの特徴である。モバイルファーストであり、チームでの利用を想定して開発したものであり、永久に容量無制限で利用できる」などと語った。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]