編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
Google Atmosphere Tokyo

海外売上比率70%を目指すクボタ、Appsで基盤作り--賢くグーグルを使い倒す - (page 3)

大河原克行

2014-08-01 19:00

 プラットフォームについては、米Google エンタープライズ部門クラウドプラットフォームグローバルビジネス統括責任者のSHAILESH Rao氏が説明した。

 「Google Cloud Platformは、Googleのすべてのビジネスで利用しているプラットフォームであり、これと同じ環境を皆さんにも利用してもらっている。Googleは15年前から世界最速、最高品質といえるクラウドを地球上に構築してきた。過去1年間に、30億ドルの投資を行っており、ここ数カ月でも、台湾、シンガポールにデータセンターを開設した。これからも継続的に投資をしていくことになる。日本市場にも投資していく」(Rao氏)


 また、日本におけるエムネスによる遠隔医療において、Google Cloud Platformを活用していることや、ハウスコムでの賃貸物件情報検索サービスや、ビッグデータを分析して顧客の行動からプロモーションプランを策定するセブン&アイネットメディアの活用事例などを紹介。

 「当社は価格面において、今年初めに大胆な戦略をとった。皆さんには、価格の利点を享受してもらいたい。われわれが目指すのは、低価格で、長期間の予約もプロビジョニングもないオンデマンドコンピューティング環境。これを利用することで、皆さんは、自らが得意なところに力を注いでもらいたい。そうした点からも最高の選択肢として、Googleが存在している」とした。


Google Mapsで災害対応

 さらに、米Google エンタープライズ部門グローバルGEOセールス統括責任者のTarun Bhatnagar氏が「Google Maps for Business」について説明した。

 「全世界でGoogle Mapsを利用しているユーザーは10億人以上、ヒジネスでGoogle Mapsを利用している企業は1万社。位置情報に関しては、Google Mapsが標準言語になっている。このツールを活用して、災害が起きたときの素早い対応に力を注ぎたい」という。

 「2005年からGoogle Crisis Responseとして危機対応の活動を開始している。これらの活動を通じて感じたのは、Googleが持つ地図データやコンテンツだけが求められているのではなく、プラットフォームとして活用することが求められているという点だった。

 東日本大震災においても、道路の閉鎖状況や避難状況、人の捜索といったことを含めた復旧活動に貢献することができた。技術のパワーを使えば人を救える。Google Crisis Responseでは、2010年以降、40以上の活動を行ったが、いまでも災害が発生した際にはさまざまなツールを提供する準備をしている」と語った。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]