毎週1万人以上増加--150万人の開発者が使うSalesforceの勘所

大河原克行 2014年08月06日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PaaS「Salesforce1」が登場して以降、Salesforce.comに対する開発者(デベロッパー)の関心は日増しに高まっているという。同社によると、現在は150万人に増加。拡大傾向を続けるとともに、開発者が最も収益を得られるプラットフォームにも位置付けられているという。

 先頃、日本でもSaaSで提供されるデジタルマーケティングプラットフォーム「Salesforce ExactTarget Marketing Cloud」を投入。これによって、テベロッパーの関心はさらに高まりをみせている。米Salesforce.comのプラットフォーム デベロッパー マーケティング バイスプレジデントのAdam Seligman氏と、コーポレートマーケティングディレクターのQuinton Wall氏に話を聞いた。

ビジネスを変えてほしい

――Salesforce1が登場して以降、デベロッパーの反応はどう変わりましたか。

Seligman:今は、Salesforceにとっても開発者にとっても、大変エキサイティングな時期だといえます。Salesforce1の登場以降、150万人のデベロッパーがわれわれのプラットフォームに参加していますが、これは3年前に比べて2倍規模に達しています。今でも毎週1万2000人ずつ開発者が増加しているところです。これはデベロッパーがクラウドへと移行していることを示すものだといえるでしょう。

Adam Seligman氏
米Salesforce.com プラットフォーム デベロッパー マーケティング バイスプレジデント Adam Seligman氏

――なぜ、Salesforce1のデベロッパーが増加しているのでしょうか。

Seligman:それにはいくつかの意味があります。ひとつは先に触れたように、開発環境がクラウドへと移行しているという、大きな潮流によるものです。また、モバイルの潮流に乗っていることも重要な要素だといえます。

 Salesforce1では、これまでのSalesforceで開発されたものが、そのままモバイル環境でも利用できるようになり、セキュアな環境を維持し、アイデンティティもそのまま利用しながら、数多くのAPIによってあらゆるものとつながることができます。つまり、これまで行っているビジネスのすべてが“モバイルレディ”になります。

 開発者は(ウェブ画面開発ツールの)「VisualForce」やHTML5、CSS、JavaScriptを使ってモバイルアプリを開発できますから、ISV(独立系ソフトウェアベンダー)もビジネスプロセスを強化するアプリを組み込むことができます。システム管理者はこれまでのSalesforceの管理環境を維持しながらモバイルデバイスを管理できること、ユーザーはFacebookやLINEといった使いやすいサービスから最新情報を入手できるようになり、顧客に最も適したサービスを提供できるという特徴があります。

 2つめには、今、市場から最も求められているのが、Salesforceのアーキテクトであるという点です。米国での調査によると、開発者の人材市場で最も評価が高い技術スキルは、Salesforceアーキテクトであり、このスキルを持った人材の年収は20万ドル(約2000万円)にも達します。同じようなことが日本でも起こるはずだと考えています。これからさらにSalesforceの技術者に対する需要が高まります。

 3つめには、企業がソフトウェアの技術を活用して、イノベーションを起こそうとする中で最適なプラットフォームがSalesforce1であるということが認知されてきたからです。昨秋に米サンフランシスコで開催した「Dreamforce」以降、Salesforce1を活用して何ができるのか、ということが多くの人たちに理解されはじめ、数多くのモバイルアプリが登場しています。

 企業では、「顧客とのつながり強化」「ビジネスプロセスの合理化」「モバイルファーストの実現」という3つの要素が求められています。こうしたニーズに対応するために、Salesforce1があるといえます。

Wall:デベロッパーが置かれた環境の変化は、市場構造の変化や顧客ニーズの変化が影響しています。顧客は、アプリがほしいとか、コードを書いてほしいということを望んでいるわけではなく、ビジネスを変えてほしいということを望んでいます。ユーザー企業は、顧客との接点を変えたいということも望んでいます。

 しかし、従来型の開発ではそれには対応できないということも理解されてきた。デベロッパーはこれからの開発に向けて、より幅広いツールボックスを持つ必要があり、そこにSalesforceがひとつの回答を提案できる。ユーザー企業が望むような機能を取り込むことができるわけです。

 ビジネス側がよりよいアプリを利用できる環境が整うようになったことも大きな進化です。これまではSalesforceの事例としては、どうしても大企業にスポットライトが当たりがちでしたが、ここにきて、中小企業やNPO(非営利法人)でも高い効果を生み出すアプリが提供されはじめています。

注目される「Heroku Connect」

――毎週1万2000人ずつ増加しているSaleforce1の技術者とはどんな人たちなのでしょうか。

Seligman:一言では表現しにくいほど多様な人々が参加しています。(PaaSの)「Force.com」や(PaaSの)「Heroku」を活用している人、Rubyの開発者なども参加しています。職種別にみると、Force.comの場合は、半分はソフトウェアエンジニアですが、残りはアナリストやCTO(最高技術責任者)、アドミニストレーター、営業担当者などです。私は、この流れをさらに加速したい。そして、開発者の方々は、ローカルのデベロッパーグループに積極的に参加し、コミュニティを通じて情報を交換してほしいと考えています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]